【マツダ期間工(広島県)の体験談】半年でも貯金ができて余暇も満喫

クルマヤサンさん(男性/25歳)が期間工で稼いだ平均月収

28万円前後!
寮費も無料

メーカー マツダ
勤務した工場 広島県安芸郡府中町新地 マツダ工場
期間工として働いた期間 2015年4月〜2016年3月の1年間
クルマヤサンさんからのメッセージ

これから期間工として働こうと思っている方へ、期間工はどこのメーカーも同じだと思いますが、配属される工程によってしんどさがかなり違ってきます。

そのため、無理して頑張るのではなく、ダメだと思ったらまた違うところに行けば良いぐらいの気持ちで楽に頑張ってみて下さい。
そうした気持ちで望むことで案外半年間なんてすぐに終わってしまいます。

お金は十分にもらえるので、自分の時間を有効に使って色々な場所に行き、人生経験磨いてみて下さい。

大学卒業後、フリーターとして過ごす

4年生大学の経済学部を卒業して、ふらふらとフリーターをしていました。

飲食店から塾講師などさまざまなアルバイトをしていましたが、全く貯金ができていなかったので、求人情報誌で何か良い仕事はないかと探していた時に偶然この期間工の仕事を見つけました。

暮らしぶりはなにせただのフリーターだったので、貧しい暮らしぶりでした。

ただ、結婚もしておらず、一人暮らしだったので、特別贅沢をしなければ十分に生活していくことはできていました。

45万円の入社祝い金に魅了される

期間工という仕事をどうやって知ったかというと、先述してしまいましたが、フリーターを続けていて、全く貯金ができていなかったため、何か良い仕事はないかと求人情報誌を読み漁っていたときに、偶然発見しました。

なぜやろうかと思ったかというと、内定が決まって働き始めると、入社祝い金として45万円ももらえるという謳い文句に一発ノックアウトされてしまいました。

今まで全く貯金できていなかったのに、給料とは別にいきなり45万円ももらえるならいかない理由はありませんでした。

入社祝い金45万円がもらえるという理由だけでマツダに決めた

マツダロゴ

どうやって情報収集したのかと言うと、私の場合は求人情報誌を見ただけで、特別なことは何もしていません。

なぜそのメーカー、勤務地を選んだのかというと、まずメーカーについてですが、先述したとおり、入社祝い金が45万円ももらえることが決めての理由です。

また、基本的に給与面がかなり高待遇でした。

勤務地については、広島県か山口県だったのですが、現在住んでいるところから離れ過ぎず、あまり田舎過ぎてもと思い、広島県を選択しました。

応募は求人情報誌経由にて

どうやって求人情報を探して応募したのかについてですが、求人情報誌を読んで、気になったのですぐに電話で問い合わせをして、応募を決めました。

期間工をやるような人は大体考えるよりも行動派の人が多いと思うので、一緒に働いていた人たちもたまたま見たサイトで思い立って来たとかそういう人たちが多かったです。

私も含め、ほとんどの人が祝い金に釣られていましたが。

選考内容は筆記試験と面接。簡単な実技試験も。

筆記テストや実技試験、面接がありました。

筆記テストについては、簡単な計算問題や間違い探しでした。
実技試験は簡単な体力試験でした。
ジャンプしたり片足立ちしたりなど、大人がやるには正直恥ずかしいような内容です。

面接については、志望動機やこれまでの経歴、契約満了まで辞めずにちゃんと働けるかといったことを聞かれました。

企業としても途中で辞めるような人を採用したくないので当たり前ですが、そこさえクリアすれば誰でも合格できると思います。

担当業務は「車体工程」を担当

仕事内容についてですが、これは一概にきついとも楽チンとも言えません。
そのはなぜかと言いますと、配属される部署によって全く違うからです。
言うなれば天国と地獄ぐらい違います。

私が配属された部署は幸運にも天国でした。
私が配属されたのは、車体工程(プレス)といって、部品を地具にセットするだけの仕事です。
溶接などの工程はほとんど機械がやってくれます。

それと比べて大変そうだったのが、組み立て工程の人たちです。
主に力仕事なので、筋肉痛でヒーヒー言っていました。

また、勤務時間については、昼工程の人たちが大体8時から17時まで、夜工程の人たちが22時から翌朝6時までで、どちらも間に食事休憩があるといった感じです。

夜は時給がアップするのでやる気はでます。

寮は一人部屋で快適に過ごす

マツダの期間工になると、大体が大原寮か小磯寮に住むことになります。
大原寮は男性寮なので、ほとんどの方がこちらの寮になると思います。
小磯寮は男女どちらもいます。

私は大原寮だったので、通勤時間は大体10分から15分ととても近くて便利です。
設備には特になにも問題なかったです。

気になる部屋についてですが、一人部屋で自由に使うことができて大満足でした。

ただ、一つ不満があるとすれば、食堂のご飯が美味しくないということです。

人間関係に特に悩むことは無く、有給休暇もすぐ使える

職場での人間関係は、特に可もなく不可もなくといった感じです。

私たち期間工は結局何ヶ月かしたらやめてしまう人たちなので、特別期待されて厚かましく指導されることもなければ、特別無視をされたりすることもないので、とても良い距離感だったと思います。

寮にいる同僚たちも、特別干渉してくる人もおらず、各々の時間を過ごしていました。

入社してすぐに有給休暇がもらえるのですが、こちらも取りにくい環境ではなく、決められているので、積極的に取ってくれといった感じでした。

休日は収入アップのおかげで余裕ができ、色々な街へと出かける。

休日の過ごし方についてですが、私の場合は、広島市内に行って観光したり、隣県の山口県や岡山県、海を渡って愛媛県などさまざまな場所に遊びに行っていました。

貯金することが目的だったのですが、せっかくここまで来たのだからと羽を伸ばしてしまいました。

しかし、給与面はとても良かったので、それだけ遊び回っていても十分に貯金することができました。

またその他の方たちは家族がいる方が多かったので、帰省される方が多かったです。

食堂の食事の味にストレスを感じた

実際に期間工として働いてみて辛かったことは、ただただ食堂の食事に耐えることでした。

仕事内容としては、先述したとおり、私は当たり工程だったので、全く不満は無かったです。
しかし、やはり毎日食べる食事が楽しみでないと言うのはとてもストレスが溜まりました。

たとえるなら、良く言って学校の給食、悪く言ったら動物のエサのようでした。

その反動として、私は休みの日は旅行に行き、旅行先で美味しいものを食べまくっていました。

収入がアップし、たくさん旅行に行っても貯金ができた

私が期間工として働いて良かったことは、やはりある程度まとまったお金を貯めることができたことです。

私は以前フリーターを転々としており、全く貯金がない状態でした。
それがマツダの期間工として働くことで、入社祝い金として45万円ももらえ、寮は完備されており、食事補助もついており、毎月は28万円ほどの給料も貰うことができたため、毎週旅行に行って遊んでいても十分な額を貯金することができました。

これが私が期間工として働いてみて一番のメリットだと思います。

また、広島を拠点として、さまざまな県に旅行に行けたこともとても満足している点です。
普段だと絶対に行かないような山口や愛媛などにも始めて足を踏み入れることができ、人生経験が豊富になりました。

仕事のきつさで辞めていく人がいた

私の働いていた部署で契約満了前に辞めた人はいませんでしたが、先述していた組み立て工程の部署では契約完了前に辞めていた人がいました。

その理由はやはり体力的にきつかったのだと思います。

私は実際に体験していないのでわかりませんが、筋肉痛になりヒーヒー言っている同僚を見ていましたので、それが大きな原因だと思います。

やはり配属される部署によって途中リタイアする人がでるかどうかは決まると思いました。

私はたまたまラッキーなだけです。

半年のつもりが1年間期間工として働いた

期間工は6ヶ月間だったのですが、私は一度契約が満了した後もさらに6ヶ月間は期間を延長して働きました。
その理由はやはり仕事にも慣れてきており、そこから新たな場所に行くにはまた一からになるのが嫌だったためです。

半年間働いた後には時給は少しアップするのですが、食事補助がなくなってしまうため、給与としては少し下がってしまいます。

そのため、契約満了の半年間で辞めてしまう人がほとんどでした。私はまた一から探すのが面倒だったため、もう半年間続けました。

クルマヤサンさんが稼いだマツダの解説記事はこちら!

マツダ期間工の給料・仕事内容・寮について評判を調査

2018.11.15
クルマヤサンさんのマツダ評価は…
4.5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。