【ホンダ期間工(埼玉県)の体験談】人間関係良好でストレスフリー

小川町LOVEさん(男性/26歳)が期間工で稼いだ平均月収

35万円!
家賃も無料

メーカー ホンダ
勤務した工場 埼玉県寄居市小川工場
期間工として働いた期間 2016年6月〜2017年3月の9カ月間
小川町LOVEさんからのメッセージ

いろいろな経験ができる職場だと思います。

仕事内容も会社や部署によってさまざまだと思いますが、部署それぞれに個性や学ぶところがあると思いますので、いい経験だと思って働いてみたらいいと思います。

また、住む場所も色んなところがあると思いますので、その土地の良い所を知ることで、仕事だけではなくてプライベートでも楽しんだほうが仕事も楽しくなると思います

仕事中も同僚や先輩など色んな人からの話をきくと楽しいですよ。

大学卒業後、IT企業に就職

大学を卒業後に中小のIT企業に就職しました。
社員数は300人程度でシステム開発や他社への派遣などを行う会社でした。

私は主にネットワークエンジニアとしてお客様先に常駐してネットワークの保守・運用を担当していました。

自分の担当業務が終わった後も自社に行き、チーム内の別の業務を手伝ったりしていました。
基本残業代はありませんでした

案件によっては、社内に泊まり込みで作業をすることもありました。
私よりも長く残業してる同期もいましたが、あまり給料は変わりません。

時間固定で高収入の期間工を決意

前職を退職してワーキングホリデーでオーストラリアに行く予定がありました。
ですが、その時お金がないので英語のスキルがなかったので、お金を貯めながら勉強する時間がある仕事を探していました

以前、期間工で以前働いたことのある大学の友達が、簡単でお金がもらえると話しをしていたのを思い出したので、期間工について探してみることにしました。

仕事は単純作業で時間が固定しており、給料と満了金などでお金が稼げるとわかりましたので、やってみようと思いました

愛用していたホンダで働くことに

ネットで情報収集をしました。

メーカーを選んだ理由は、以前に当社の会社のバイクを乗っていたからです。大好きなバイクでしたのでどうせなら同じ会社の工場で働いてみようと思い決めました。
また、当社は他の会社に比べて安心安全が第一というところに魅力を感じました。

勤務地は、地方に住んでみたいという思いもありましたが、友達に会えなくなってしまうので、実家から近いところを選びました。
工場の場所については、選んだのではなく会社から割り当てられました。

期間工.jpは電話相談ができて安心

希望するメーカーは決まっていましたので、社名と期間工で検索しました。
すると「期間工.jp」のサイトへつながりました。

業務内容や契約について、電話にて相談させていただいたときも優しく教えていただきとても安心したのを覚えています。
最初の面接のときも話を親身に聞いていただける方でしたので、とても話しやすかったです。

メーカーとの面接のときや、採用報告の電話でも親切に対応してくれたので、対応にはとても感謝しています

面接は堅苦しくなく、普段の会話のようだった

社員との面接と筆記テスト、ひたすら丸を書き続けるテストがありました。
テストの前には部署ごとのビデオを見ました

社員との面接では、今までの経歴や志望動機、やってみたい仕事内容について聞かれました。
面接というよりは、普段の会話のようでしたので堅苦しい幹事はいませんでした。

筆記テストの内容は覚えていません。
最後のテストは、ひたすら丸を書き続けるもので途中で眠たくなったりもしましたがなんとかやりきることができました。

エンジン加工の確認作業を担当

私の担当した作業内容は、加工処理されたエンジンを正しく加工されているのかを確認する作業でした。
また、エンジンを加工するためのマシンにトラブルがあった場合は、トラブル内容を確認して、自分が対応できるものであれば修正をしていました。
覚えることは多かったですが、作業自体はきつくありませんでした

勤務スケジュールは、各週交代で、朝から昼、昼から夜、夜から早朝の3勤交代制でした。
朝からの時は早朝の4時起きでしたので、起きるのが大変でした。
夜からの時は、他の勤務時間帯に比べて勤務時間が短いので楽に感じましたが、生活リズムが崩れるので寝る時間を確保するのが大変でした。

残業は基本ありませんでしたが、臨時出勤などがたまにありました

築数年の寮はとても綺麗だった

小川町の寮に住んでいました。
期間工の寮は古くて汚いことを想定していましたが、私が住んだ寮はとてもきれいで、築数年しか経っていませんでした

トイレは自分の部屋にあり、洗濯機と乾燥機は各フロアに数台設置しあるので、とても便利でした。
風呂は共同でしたが、とてもきれいで大きくてサウナもついていました

食堂も寮内にありましたので、いつも美味しいご飯を食べることができました。
お代わりも自由でしたので食に困ることはありませんでした

雰囲気が良く、ストレスを感じることはなかった

私の所属したチームはみんな優しい人たちでした。
同じ時期に入社した友達もいましたし、長い期間働いている人もいましたが、仕事中や休み時間もみんなで雑談したり、趣味の話をしたりして、とても良い雰囲気でした。

正社員の方たちも、期間工に対して厳しい対応をするのではなく同じ社員として接してくれるので人間関係でストレスを感じることはありませんでした
女性の社員が数名いましたので、女性関係の話は他の同僚から聞いたことはありますが、私は特に無縁でした。

休みの日は小川町を満喫

私の住んでいた寮から実家までが電車で2時間程度でしたので、たまには実家に戻ったりもしていました。
都内まで電車で出かけて、大学や前職の友達と遊んだりご飯を食べに行ったりすることが多かったです。

また、寮がある小川町にはや居酒屋や料理屋さん、スナック、酒蔵などがありましたので、一人で出かけたり同僚とごはんに出かけたりしていました
他には、自然が沢山あるところでしたので、ランニングをしたりトレーニングをしていました。

一番辛かったのは「仕事の単調さ」

働いていててつらかったことは、仕事が単調すぎてやる気がでなかった事です。
作業内容として簡単なのはよかったんですが、あまりにも簡単すぎると逆につらくなってしまいました。

満足できなかったことは、残業がすくなかったので他のメーカーより稼ぐことができませんでした。
安心安全であることはよかったんですが、私的には、お金を稼ぎに来ていましたので、もう少し残業時間を増やして給料を増やしたかったです。
上司にお願いして残業させてもらうようにお願いしたこともありました

期間工のメリットは、大手メーカーで働ける経験

期間工として働いてよかったことは、契約社員ではありますが大手メーカーで働く経験をすることができたことです。
前職は、中小企業でたくさんはたらいてもあまり給料はもらえませんでしたが、大手の企業は、仕事内容を単純化して個人の仕事内容は簡単であるのに、給料や福利厚生がとても充実していました。
これは、実際に働いてみないとわからなかったことなのでとてもいい経験になりました。

また、今まで都内で生活していましたが、期間工に働くことをきっかけに寮生活になり田舎で生活することになりました。
自然はきれいで町の人たちはとても気さくな人たちがおおかったし、いろんな観光地にでかけるきっかけにもなりました。
仕事や生活の両方で新しい経験をすることができました

契約満了前に辞める人も

基本的に満了時に辞める人がほとんどでしたが、何人かは契約満了前に辞めるかたがいました。

辞めてしまうかたの共通点としては、コミュニケーションをとることが苦手なにとが多かったと思います。
先輩や同僚と仲良く仕事することができなくて、仕事にも慣れることができないのでストレスがたまってしまったのかと思います。

また、自分の意見をいうことができないので、上司に理不尽なことで怒られてもそれを受けて入れてしまうので余計ストレスになったと思います。

期間工の経験を活かし、オーストラリアへ

契約満了後、私はオーストラリアに引っ越しました。
1年間ワーキングホリデーでオーストラリアで生活し、オーストラリアの様々な土地でバイトをしながら生活をしていました。

バイトは主にレストランのキッチンや皿洗いのバイトをしていました。
オーストラリアでも、住み込みの皿洗いのバイトを4カ月間やっていました。
こちらは、職場の周りが海なので休みのときは泳いだりして遊んでました。

働く場所や地域で楽しみを見つけることは、期間工の時の田舎生活の経験が活かされたとおもっています。

小川町LOVEさんが稼いだホンダの解説記事はこちら!

ホンダ期間工ってどうなの?給料から仕事内容まで徹底評価

2018.08.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です