期間工の入社祝い金をもらってすぐ辞めるのはダメ絶対!

入社祝い金をもらう期間工
元期間工
ケンタ
期間工に派遣会社を経由して応募した場合、多額の入社祝い金がもらえるようなことがあります。入社祝い金をもらってすぐに辞めても大丈夫かどうかという疑問を持っているような人もいるかもしれません。

また、入社祝い金をもらってすぐに辞める場合、デメリットはあるのでしょうか。この記事では、入社祝い金をもらってすぐに辞めることについて考察していきます。

入社祝い金がもらえるタイミングは?

入社祝い金がもらえるタイミングはいつ頃になるのでしょか。当サイトでおすすめしている株式会社アウトソーシングが運営している期間工.jpを経由した場合は、説明会の参加日か入社後1週間から2週間程度でもらうことができるようになります。

最初の契約満了前の比較的早い段階で入社祝い金をもらうことができます。

期間工の入社祝い金ランキング【2019年6月最新版】最高は45万円!

2019.06.03

入社祝い金をもらった直後に辞めるのは絶対ダメ!

では、入社祝い金をもらった直後に辞めることができるのではないかと考えた人もいるかもしれません。しかし、入社祝い金をもらった直後に辞めるのは絶対ダメです。

入社祝い金は、これから期間工としてがんばっていこうとする人のためにあるものです。入社祝い金目当てですぐに辞めるような行為は、社会人としての良識を欠く行為であるということができるでしょう。

このような行為を繰り返し行っている場合、その情報は人材派遣会社やメーカーの中で共有され回っていきます。ブラックリストに載ってしまうと、そのメーカーや派遣会社等で仕事をしていくことが難しくなってしまいます。

社会人としての信用を落とすことになりますので、今後の人生にも様々なデメリットを引き起こすことになるでしょう。また、あまりにも悪質な場合ですと入社祝い金の返還等を求められることもあります。

最低でも契約満了まで働こう

入社祝い金目当てで入社する場合は、最低でも最初の契約満了までは働いていきましょう。期間工の契約期間は半年である場合が多いですが、短い所では3ヶ月で最初の契約が満了するようなケースもあります。

また、入社祝い金の性質によっては、きちんと契約を満了していかないともらえないような制度になっている場合もあります。

特に高額の入社祝い金のキャンペーンを行っている場合は、契約満了をしていかなければ入社祝い金を全額もらえないということも多々あります。

きちんと期間工として契約を満了することができれば、満了金や報奨金ももらえますので、入社祝い金と合わせてたくさん稼ぐことができるようになります。入社祝い金目当てで期間工として入社したとしても、しっかりと契約満了までは働いていきましょう。

短期間で辞め続けるとブラックリスト入り?

ブラックリスト

入社祝い金をもらった後に短期間で辞めて、その後すぐに別のメーカーに入社して入社祝い金をもらうというような行為を繰り返してしまうと、人材派遣会社や人材紹介会社からブラックリスト入りされてしまう可能性もあります。

また、入社祝い金をもらってすぐに辞めたような場合でも同様にブラックリスト入りしてしまう可能性が高いです。

人材派遣会社や人材紹介会社からブラックリスト入りされてしまうと、今後その人材派遣会社や人材紹介会社から仕事を紹介してもらうことができなくなります。

期間工の仕事を紹介しているような人材派遣会社や人材紹介会社は、大手であることが多くなっています。そのため、傘下にある中小規模の人材派遣会社等にもブラックリストが及ぶ可能性があります。

そのような状況になっていくと、派遣会社を経由して仕事を探すという事自体が難しくなってしまうおそれもあるのです。自分の信用を落としてしまうような行為は極力避けていきましょう。

入社祝い金目当ての入退社は極力控えよう

入社祝い金目当てで、入退社を繰り返していくような行為は極力控えていきましょう。入社祝い金目当てで短期間で入退社を繰り返してしまうと、様々なデメリットがあります。

あまりにも明らかに入社祝い金目当てであると認識されてしまうと、人材派遣会社や人材紹介会社からブラックリスト入りされて、仕事の紹介が受けられなくなってしまうおそれもあります。

短期間での入退社を繰り返していますと、採用面接でも不利になってしまいます。また、このような行動を取る人が増えてしまうと、入社祝い金という制度そのものの存続にも関わっていきますし、他の真面目な期間工の人にも迷惑をかけることになってしまいまうのです。

どうしても入社祝い金目当てで期間工になりたいなら

どうしても入社祝い金目当てで期間工になりたい場合は、最低でも最初の契約は満了するようにしてください。

ただし、短期間での入退社が繰り返されるようですと、メーカーや人材派遣会社等からブラックリスト入りされて、そこのメーカーや人材派遣会社からの仕事をすることができなくなるというおそれもあります。

また、短期間での入退社を繰り返していくと、面接で不利になってしまい、今後期間工として各種メーカーから採用されにくくなってしまう可能性もあります。

そもそも、入社祝い金とはこれから一生懸命がんばっていこうとしている期間工のためにあるものです。その趣旨をきちんと理解した上で、節度のある行動を取っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。