【出戻り期間工】再雇用されるかどうかは、あなたの評価次第

出戻りを歓迎する女性期間工
元期間工
ケンタ
期間工に応募しようとしている人の中には、期間工として働いた経験があり、以前働いていた職場にもう一度出戻りして働きたいと考えているような人もいるかもしれません。

実際、出戻りでも採用されるかどうか気になりますよね。この記事では、期間工は出戻りでも採用されるのかどうかということについて解説していきます。

出戻り期間工の再雇用はOK

出戻り期間工の再雇用はOKです。実際に、以前働いていた職場に復帰していくような期間工もかなり多くなっています。

また、メーカーによっては、そこの期間工経験者は経験者手当がもらえたり、勤務スタート時の給料が高く設定されている等、優遇されているような場合もあります。

出戻り期間工は、期間工の仕事を経験した上で戻ってくる人のことを指します。そのため、その勤務経験が実績となり、しっかりと働いてくれる可能性が高いと見られるようなことが多く、採用面接で評価されるような場合もあります。

出戻り期間工は、職場でも即戦力として活躍してくれることを期待されているのです。

3カ月、6カ月で辞めると再雇用が難しいところも

出戻り期間工は優遇される場合もありますが、3カ月、6カ月で辞めると再雇用が難しいところもあります。期間工の採用面接では、できるだけ長期間働けるような人を優先的に採用しています。

短期間で辞めた経験がある期間工は採用しても、また短期間で辞めていくのではないかと思われてしまいます。面接官がそのような判断をしてしまうと、長期間働けるような人と比べると面接で不利になってしまう可能性があります。

これから期間工として長期間働き続けたいという希望がある場合は、しっかりとその希望を面接でアピールしていきましょう。

再雇用を目指すのであれば、長期間働くこと

期間工の契約を満了した後でも再び出戻りをして再雇用を目指すような人は、できるだけ長期間働いたという実績を作っていきましょう。

特に、期間工ループを考えているような人はメーカーや人材派遣会社との信頼関係が重要となってきます。確かに、期間工という制度上、期間工が短期間で契約を満了して自由にループすることは可能です。

しかし、新しく期間工を配属していく度に、採用や教育に関するコストがかかってしまうため、期間工にもできるだけ長く働いて欲しいというのが企業側の本音です。

できれば年単位での長期間で働いていきましょう。年単位での長期間で働くと、満了金の金額も多くなってきますし、再雇用時に経験者として優遇される等のメリットも出てきます。

期間満了前の退職はやめよう

退職を考える期間工

出戻り期間工を目指していくような人は、期間満了前の退職はやめましょう。契約期間を満了できなかったという実績は、メーカーの方に情報として残ってしまいます。

そのため、出戻りを希望したとしても採用が難しくなる可能性が高くなってしまうといえるでしょう。また、期間満了前の退職をしてしまうと、満了金や報奨金を受け取れなくなってしまうのでメリットがまったくありません。

どうしても期間満了まで続けていくことが厳しいという人は、まずはメーカーや利用した人材派遣会社の方に相談してみましょう。

場合によっては、再雇用から正社員登用も

場合によっては、再雇用された出戻り期間工が正社員登用されるようなケースもあります。正社員登用試験は、職場の上司から推薦された期間工なら誰でも受けることができるようになります。

再雇用された出戻り期間工は、以前とは違う部署に配属されるため上司も変わっていることになるでしょう。以前の部署の上司からはあまり評価されていなかったとしても、違う部署の上司が評価をしてくれるようなこともあります。

そのような場合は、正社員登用試験を受けるチャンスが与えられるでしょう。正社員登用を目指していきたいという出戻り期間工は一生懸命仕事に取り組み、しっかりと上司にアピールしていきましょう。

また、正社員登用状況も以前とは変わってきているようなこともあります。最近の傾向として、正社員登用を積極的に行っているメーカーが増えてきている印象があります。

ただし、再雇用された出戻り期間工でもその部署で最低1年間は継続して働かないと社員登用試験を受けることができませんので注意しておきましょう。

期間満了まで働いた実績をつくろう

仕事を頑張る期間工

以上、期間工の出戻りでの採用状況について解説していきました。期間工が出戻りで再雇用されるかどうかは、メーカーや人材派遣会社との信頼関係が重要となってきます。

年単位の長期間で期間満了まで働いた経験のある期間工は、メーカーからも評価されて待遇面でも優遇されます。逆に、短期間で辞めた人や期間満了前に退職したような人は、出戻りを希望しても再雇用が難しくなってしまう可能性があります。

また、出戻り期間工は働くメーカーが同じでも違う部署に配属されますので、人間関係や上司との関係が以前の部署と比べて良くなるようなこともあります。

そのため、以前とは違う上司から評価され、出戻り期間工から正社員登用されるようなケースも多々あるのです。何事も信頼関係は重要になってきますので、出戻りで再雇用を目指したい期間工は、しっかりと働いた実績を作っておきましょう。

💰期間工の給料・年収を32工場で比較!一番稼げる期間工【5月最新版】

2019.05.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。