【スバル期間工(矢島工場)の体験談】大卒からのブラック企業経由で

ばーとんさん(男性/24歳)が期間工で稼いだ平均月収

30万円!

メーカー スバル
勤務した工場 群馬県太田市矢島工場
期間工として働いた期間 2016年4月〜2018年9月の2年5カ月間
ばーとんさんからのメッセージ

期間工にはメリットがたくさんあります。
前職にはなかった良い部分があり、やりたい人にはおすすめの仕事です。
工場の仕事は学歴など全く関係ありません。
頭の良さより手先の速さです。

体力的にきついかもしれないけど、覚悟があるならできると思います。
3年後には仕事を辞めることになります。
もしくは正社員登用を考え出すと思います。

そのことを考えてから期間工を始めることをおすすめします。
期間工を経験してから他業種で高給取りになるのは難しいかもしれません。

大学卒業後、人材派遣会社へ就職するも精神的に参る

学歴は文系4大卒です。
学部は仕事とは関係のないところでした。
新卒で人材派遣会社へ就職しました。

東京で一人暮らしをしていましたが、転勤が多く1年で4回ほど引越しを繰り返しました。
地方営業所の所属になったとき、上司と合わず退職しました。

さらに月に休みが0〜1回と忙しく、SNSを開けば地元の友達が遊んでいる投稿を見て嫌気がさしました。
的確な指示もなく、ただ大量の仕事を必死にこなしていましたがそれでも怒鳴られる毎日で精神的に参ってしまいました。

地元に帰省後、実家から近いスバルの期間工に応募

前職で精神的に参ってしまい地元へ戻ることを決めました。

とりあえず仕事を探さないと、と思い職業案内所へ足を運び必要事項を記入しました。

数多くある求人はどれも給料が安く、休日はきちんとあるのか不安で魅力的には見えませんでした。
その中でスバルの期間工求人を見つけました。

給料がよく、休日はきちんとあるし、経験がなくても大丈夫という点に惹かれて応募しました。
また勤務先が地元から遠くなかったことも理由のひとつです。

期間工ブログで情報収集をする

職業案内所で開催されたメーカー主催の説明会がありそれが最初の情報収集でした。
その説明会には男性5人ほどが参加し、メーカー側はシニアの方が2名来て工場での仕事について細かく教えてくれました。

工程ごとの仕事内容と、どれくらいきついのかなどを質問を織り交ぜながら説明してくれました。

そのほかには期間工のブログを情報収集として見ていました。

スバルの期間工ブログが2つか3つくらいありその中から頻繁に更新されるものをよく見ていました。
情報収集の結果、給料が良い、きついけど体力があればできる仕事という点でやろうと決意しました。

期間工ブログが一番の参考情報収集源

求人情報は職業案内所にあったものをたまたま見つけたのが最初です。
その後口コミをネットで検索して、期間工についてある程度調べました。

期間工.jpも閲覧しました。
期間工全般のことを調べるのにとても役立ちました。

スバルの特徴については現在働いている方のブログが一番参考になりました。

実際にメーカー主催の説明会にも参加し、期間工の仕事はいいなと思い職業案内所で求人に応募しました。
応募後はすぐ面接があり、スーツで会社へと訪問しました。

スーツで選考会に参加。簡単な漢字の読み書きテストも

求人へ応募し数日後すぐに面接を行いました。
スーツで行き、開けたロビーのソファーで面接をしました。
面接官の方は比較的高齢の男性1名でした。

履歴書の内容について話し、なぜ期間工として働きたいのか、今までどんな仕事だったのかを伝えました。
簡単な筆記テストも行いました。

漢字の読み書きなどの内容で、外国人留学生には少し難しく感じるかもしれませんが日本人の方なら簡単です。

終了後は採用の意向がすぐに伝えられ、次はいついつ来てくださいという流れになりました。

フォークリフト作業を担当する

配属先での仕事内容はフォークリフト作業でした。部品を入れるパレットを機械へ供給する仕事です。

空のパレットを機械へ投入し、材料が積載されたパレットを機械から取り出して倉庫へ納めるという一連の流れを1日中繰り返します。

初めはフォークリフトの運転に慣れていなかったため苦労しました。
しかし作業になれるうちに簡単に感じてくるほどの単純作業です。きつくはありませんでした。

勤務スケジュールは2直体制で、朝6:30〜15:15と夕方16:45〜1:30の時間できっちり終わりました。

残業はたまにありますが30〜1時間半でそれ以上はありません。昼飯の時間は45分です。
10分程度の休憩が午前午後に1回ずつあります。

自宅近くであったため、マイカー通勤していた

住み込みではなく自宅から車通勤なので寮についてはわかりません。

自宅から車で20〜30分くらいなので東京のように通勤で疲れることはなく、とても快適です。
通勤する車は車種の指定もなく、他社の車でも構いません。
ただし通勤手当の額に差が出ます。

駐車場の距離は近く、正社員と変わりません。

勤務先の太田市は飲屋街があり、週末には楽しむことができる場所だと思います。

買い物はドンキホーテや安いスーパーがあるので困ることはありません。

上司や先輩と仲良くするには、休憩を一緒に取ることが近道

職場の人間関係はその所属によって全く違うらしく雰囲気は当たり外れがあるようです。
パワハラに近い怒号が飛ぶところもあれば、全くそんな雰囲気のないアットホームな職場もあります。

期間工への当たりは比較的優しく、言われた作業をこなしていればそこまで怒られることはありません。
ただし作業を間違えラインを止めることになった場合には大きな迷惑となるため厳しく注意されます。
工場全体で女性はほぼいません。

上司や先輩と仲良くやっていくためにはタバコや昼飯を一緒に過ごすことが近道かもしれません。

休日の過ごし方は友人との飲み会が中心

休日は太田市の繁華街で飲んで遊んで散財する日もありました。
また東京まで出て朝まで遊んで帰ってくる週末もありました。

地元が近ければ遊ぶ友達もいるので休日に暇になることはありませんが、ひとりで寮にいる方は休日が暇でやることがないかもしれません。

趣味があり、車があればなんでもできると思います。

車がないと移動に困るのでひたすらゲームや、パチスロに走る人も多いです。
ギャンブル系はトークのネタとして多いのでそれはそれでありだと思います。

話すことが少ない仕事のため、ストレスが溜まることも

仕事に慣れないうちは、作業スピードが遅く周りに迷惑をかけていたのでそれが辛かったです。
大目に見てくれる人もいれば、怒鳴る人もいたのでその人に怒られないように頑張ろうと思いました。
あとは話すことが少ない仕事なので、おしゃべりな人は辛いかもしれません。

どんなことがあって面白かった、楽しかった、ムカついたなど話すことができないとストレスと感じることもあるかもしれません。自分はそう感じました。

慣れてくれば話す人もできるので問題はありません。

期間工のメリットは、給料が良く休日もしっかり取れる

良かった点は給料が一番です。
月収30万円は20台中盤でなかなかもらえない額だと思うので、期間限定とはいえ貯めるには効率がいいと思います。
給料が良い割に責任も少なく作業は簡単で、上司に死ぬほど怒鳴られることもありません。
精神的に楽で、出勤がつらくありません。

残業も決まった時間内で終わるので、長時間労働もなく、サービス残業になることもありません。
休日出勤はありますがどうしても予定があるときは休むこともできます。
日曜は確実に休むことができます。

連休が年に3回あり、9連休から10連休をとることができるのでリフレッシュできます。
さらに毎月有給休暇を使うように促されます。労働条件としてはとても良いと思います。

体力勝負、単純作業の仕事のため、辞めていく人は多い

期間満了前に辞める人はたくさんいます。辞める人の方が多いです。

理由はそもそも体力仕事に向いてないことだと思います。
8時間体を動かしてお金を稼ぐので疲れるのは覚悟していないといけません。

他の理由としては単純作業が嫌だと感じることだと思います。

あるいは、期間工を期間満了までやるつもりはなく次の仕事を見据えていた人もいたと思います。
工場で働くことが向いてないと、働き始めて感じる人もいると思います。
そういう人は入社してすぐに辞めていきます。

現在も勤務中で、正社員登用を目指す

現在勤務中で、正社員登用を考えています。

正社員登用は割とハードルが高いので落ちる人も多く、多くの人は受けずに違う仕事へと移っていきます。
話を聞く限り、トラックの運転手は多いです。

他には、違うメーカーの期間工になる人や、もう一度スバルの期間工としては戻ってくる人もいます。

自分はフォークリフト作業を経験したので、他の仕事を探すときには経験を活かした仕事にしようと思っています。

地域には下請け工場が溢れているのでその業種が嫌でなければ求人はあると思います。

ばーとんさんが稼いだスバルの解説記事はこちら!

スバル期間工の評判ってどう?【給料・仕事内容・寮】の疑問を徹底解説

2019.03.11
ばーとんさんのスバル評価は…
5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。