【期間工の人間関係】ぼっちにならないためのコツ

ぼっちの期間工
元期間工
ケンタ
期間工として働きたいと考えている人で、職場で孤立したりぼっちになってしまうのではないかと不安に感じている人もいるのではないでしょうか。特に遠方から赴任する予定の人の場合、現地に友人や知り合いがいないため不安だと感じているような人もいるでしょう。ぼっちになってしまうと辛い思いをしますし、仕事にも影響していくかもしれません。

この記事では、期間工として働きながら、職場で孤立したりぼっちにならないために取り組むべきことや職場の人間関係を良好なものにしていくコツについて解説していこうと思います。

期間工は短期間契約のため、人間関係が希薄

期間工は基本的には有期雇用契約となります。早い人で入社後3ヶ月で契約満了退社をしていきます。また、一つのチームに同じタイミングで何人も期間工が一気に入るということはあまりなく、期間工は入社時期もバラバラですので契約満了のタイミングもバラバラです。

期間工が多いグループになりますと毎月誰かが満了退社をしていき、毎月新しい人が入ってくるといったような感じになっています。社員から見ても期間工は出たり入ったりする人というイメージを持たれていますので、人間関係が希薄になりやすい環境ができてしまっているという面があります。そのため期間工は職場に配属後、ぼっちになってしまう可能性があるのです。

Twitterでも独りぼっちの期間工をよく見かけます。

ぼっちだと連休中にいっしょに遊ぶ相手がいないので、大型連休はうれしくないですね。働いて給料をもらった方がいいやという気になるのもわかります。

会社や職場によって人間関係が変わる

職場の人間関係ですが、会社や職場によって人間関係の状況は変わってきます。若い人が多いチームや中高年の人が多いチーム等、チーム内の世代が偏っていたりする場合もありますし、社員同士の仲が悪くピリピリしたムードが漂っている職場もあったりします。

もちろん、チームリーダーをはじめ親切で優しい社員や先輩期間工が多く働きやすいムードが整っている職場もたくさんあります。どのような職場に配属されるかどうかは運の要素もありますので、どんなチームに配属されたとしてもそれだけで期間工の人間関係について決めつけないようにしましょう。

どのような職場に配属されたかどうかを見極めて周囲と打ち解けるように努力をしていってください。あまりにも合わない部署に配属になってしまった場合は、契約を早期に満了して会社や部署を変えてみるということも一つの手となります。

仕事の内容が会話をあまり必要としない

 一人で一服する期間工

期間工の仕事はライン作業等の黙々と作業を行う仕事が多いため、仕事中の会話をあまり必要としていません。その職場やチームの従業員全員が各それぞれの担当工程をこなしていくという仕事が多いですので、仕事中に会話をする機会が少なくなってしまいます。また、会話が必要な部署であっても、定型的な業務連絡が中心になっていきます。

そういう仕事をしていますから、従業員の中には普段からの日常会話に慣れておらず会話が苦手な人も多いです。仕事中に会話をしていきながら他の従業員との交流を深めていくチャンスは少ないものとなってしまうでしょう。

実際の現場でぼっちにならないためのコツ

期間工として配属された後は、まずは自分の担当する仕事をしっかりと覚えていかなければなりません。自分の担当する仕事を覚えてしまえば、後はそれを淡々とこなすだけですので周りの人と特にコミュニケーションを取らなくても仕事はできてしまいます。

しかし、休憩時間中等にぼっちになってしまったら寂しいですい少し辛いですよね。周りの人と積極的にコミュニケーションを取ることで社会人としても成長することができますし、楽しんで仕事に取り組むことができるようになると思います。これから、ぼっちにならないためのコツを紹介していきます。

同じチームの人にあいさつをしっかりする

あいさつは社会人としてとても重要なものです。始業前に元気にあいさつをされて気分が悪くなる人はいません。あいさつを気持ち良く行うことで、自分の存在を知ってもらい好感度を上げていきましょう。

また、就業後も退社をする際にはしっかりとあいさつをして帰りましょう。あいさつは良好な人間関係を築くための基本です。どんな場合でも同じチームの人に会った時は必ずあいさつをしていくように心掛けていきましょう。

休憩中も会話を積極的にする

仕事中はそれぞれの従業員が自分の仕事に黙々と取り組んでいるため、なかなか同じチームの人との会話をする機会がありません。仕事の合間に小休憩時間がありますが、その時に詰め所や喫煙所等で小休憩をします。ここが職場の同僚と仲良くなるチャンスです。同じチームの人を見かけたら積極的に声をかけてみましょう。

会話を上手く始めていくコツとしては、まずは相手のことを尊重し相手本位の会話になるように心掛けることが重要です。相手のことをしっかりと観察していきながら、相手の興味や気持ちを汲み取る努力をしてみてください。相手を喜ばせることや相手を楽しませることを意識していくと、ズムーズに会話が弾むこととなるでしょう。

お昼休憩も同僚の人と一緒に行く

お昼休憩では、食事を取ると思います。期間工が勤務する工場には食堂がある場合が多いですから、お昼休憩の時には、食堂でチームの人と一緒に食事をするようにしていきましょう。最初は話の輪に入れないかもしれませんが、その場にいるということが大事です。

一緒に食事を取っていれば自ずと心がリラックスできますし、次第に打ち解けることができるようになるでしょう。

正社員登用を目指すなら、ぼっちには絶対ならないように

正社員になった期間工

期間工として働きながら社員登用を目指そうとしている人は、ぼっちには絶対にならないようにしましょう。ぼっちは社会性や協調性がないと思われることもあり、社員登用試験を受ける際に必要とされる職場や上司の推薦が得られなくなる可能性が高くなってしまいます。

また、正社員に登用された後は長期間働きながら正社員としての仕事もこなしていかなければなりませんので、ぼっちのままですと勤まりません。周囲の人と常に積極的なコミュニケーションを心掛けることが重要となってきます。

周囲と距離を置いていると、正社員登用は難しいかも

周囲の人と距離を置いていると、職場や上司から社会性や協調性がない人と判断されてしまう可能性があります。正社員として働くためにはこうした社会性や協調性も求められますので、そのような能力が欠けているような人は、職場や上司の推薦が得られず社員登用試験を受けることができなくなるかもしれません。

期間工として働いている間に周囲との距離を置いてコミュニケーションを取らずにぼっちのままで過ごしていまいますと、社員登用されることは難しくなってしまうでしょう。

正社員は、仕事ができる以外にも人間関係構築能力が必須

期間工の中でも正社員登用されるような人は、仕事ができるだけではなく周囲とのコミュニケーション能力に長け人間関係構築能力がある人が選ばれています。

期間工の仕事は単純作業である場合が多いですから、慣れれば誰でもできる仕事です。しかし、正社員となると単純作業をこなすだけが仕事ではなくなってしまうのです。周囲とのコミュニケーションを図りながら、創意工夫を行い職場を盛り上げる役割を果たしていかなければなりません。

また、昇進や昇格に伴い若手社員や部下を育てていかなければならない立場になることもあります。円滑なコミュニケーション能力と人間関係構築能力は、正社員として働いていくためには必須のスキルとなっているのです。

 

期間工として赴任した当初は、ほとんどの人が周りに知り合いや友達がいません。しかし、同じ期間工でもぼっちになってしまう人もいれば、周囲の人と打ち解けて仲良く楽しく仕事をしている人もいます。

ぼっちにならないためには、しっかりとしたあいさつをしたり積極的に会話をしていく等の努力が必要となってきます。正社員登用を目指したり、社会人として成長していくために周りの人と積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。

期間工から正社員登用されやすいのはどこ?気になる倍率や給料も

2018.08.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です