期間工は派遣会社経由で応募しないと損!おすすめの紹介会社はココ

指をさす女性
元期間工
ケンタ
期間工に応募するには、メーカーの期間工募集サイトから応募することもできますが、派遣会社を経由して応募することもできます。直接応募する場合と、派遣会社を経由して応募する場合とでは何か違いはあるのでしょうか。

実は、派遣会社を経由して応募することで得られるメリットもたくさんあるのです。この記事では、期間工に応募する際に派遣会社を経由して応募するメリットとデメリットについて紹介していきます。

期間工に応募するときは絶対に派遣会社を通すべし!

期間工に応募するときは絶対に派遣会社を通すべきでしょう。派遣会社を通すことで様々なメリットを受けることができるようになります。

そもそも、なぜメーカーは公式サイトだけではなく、派遣会社に頼んで期間工を募集するのでしょうか。それは、メーカーには求人のノウハウがないため、効率的にたくさんの期間工を集められないからです。

そこでメーカーは派遣会社に期間工の人材募集を依頼することになり、派遣会社はメーカーから紹介料をもらうことになります。派遣会社によっては、その利益の一部を「入社祝い金の上乗せ」などの形で期間工に還元することがあるのです。

これは、直接応募では得ることができないメリットとなります。

一応覚えておいてほしい点としては、ここで説明する派遣会社とは、厳密には人材派遣会社ではなく人材紹介会社のことを指します。人材紹介会社は、人材の紹介を主たる業務としており求人や採用等を一括で請け負っている会社です。

期間工は派遣社員ではないため、就業が決まった時点で就業先との直接雇用契約となります。この時点で派遣会社経由のメリット以外は、メーカーの期間工募集サイトから応募した期間工とまったく同じ待遇を受けることになります。

以下に、派遣会社を通して応募する際に得られる具体的なメリットを紹介していきます。

たくさんの求人から比較できる

派遣会社を経由して応募することのメリットの一つとして、たくさんの求人から比較することができるという点が挙げられます。派遣会社の応募ページを見ると、企業名や勤務地、月収例等が一目瞭然で比較することができます。

気になった求人をクリックして詳細を見ることも可能です。待遇や勤務地等の自分が働きたい条件に合わせた検索機能もあります。これが直接応募する場合ですと、すべてのメーカーの募集ページを自分で見て比較していかなければならなくなります。

派遣会社を利用することで、働きたいメーカーを見つけることがよりシンプルになってくるのです。

期間工の給料・年収を32工場で比較!一番稼げるのはココ【11月最新版】

2018.11.05

入社祝い金が増額される

派遣会社を経由して応募することで、派遣会社から入社祝い金をもらうことができる場合があります。もちろん、直接応募する場合でもメーカーから赴任手当等をもらうことができますが、派遣会社を経由して採用された場合にもらえる入社祝い金のほうが増額されている場合がほとんどです。

ここでいう派遣会社とは人材紹介会社ということになりますが、人材紹介会社のビジネスは人材を紹介する度にメーカーから成約料を得るというシステムとなっています。

その成約料の一部が入社祝い金として期間工側に還元されるため、その分増額されることになるのです。入社祝い金の金額に関しても派遣会社のホームページで確認することができますので、参考にしてみてください。

期間工の入社祝い金ランキング【2018年11月最新版】最高は64万円!

2018.11.02

スタッフに相談ができ、融通がきく

派遣会社には、各企業の期間工の採用に関する豊富な知識と経験を兼ね備えた専任のスタッフが多数在籍しています。そのため、派遣会社を経由して応募する場合は、派遣会社のスタッフに相談することができ、融通をきかせることが可能となります。

期間工として働くことが初めての人でも、仕事選びから内定後の生活までサポートしてもらうことができるようになります。分からないことや不安なことがあっても、担当のスタッフに電話等で直接問い合わせることもできますので安心です。

また、入社日や面接日等も調整できますので前職との関係でも融通がききます。特に初めて期間工に応募するという人には、おすすめのサービスとなります。

面接会場までの交通費や宿泊費がタダ

派遣会社を経由して期間工に応募すると、面接会場までの交通費や宿泊費を派遣会社から負担してもらえる場合が多いです。こうした費用は、採用費に当たり人材紹介会社側の経費となりますので、期間工が支払う必要がないのです。

派遣会社によっては、面接会場まで送迎してくれるような会社もあります。たくさんの期間工を内定に導いてきた派遣会社であるからこそできるサービスとなっています。

面談が1回増えるのが派遣会社経由にするデメリット

悩む期間工候補

このように、派遣会社を経由して応募すると様々なメリットを受けることができるようになりますが、派遣会社を経由するデメリットとして、面談が1回増えてしまうという点が挙げられます。

どういうことかというと、派遣会社を経由する場合にはまず派遣会社と面談をしなければなりません。ここでは、派遣会社への登録や希望するメーカーの選定、担当者の紹介等を行います。

その後、メーカーの選考会を受けることになります。メーカーの選考会では、会社説明会や面接の他に実技テスト等がある場合もありますので注意しておきましょう。

面談が1回増えるため、赴任するタイミングも若干遅れてしまうおそれもあります。派遣会社を経由して期間工に応募する際には、こうしたことも頭に入れておきましょう。

派遣会社を選ぶポイント

ポイント

期間工の求人を扱っている派遣会社は、様々な種類のものがあります。派遣会社によって入社祝い金の金額や詳細な労働条件、スタッフのサポートの質等が変わってきますので注意して選んでいきましょう。

求人の取り扱い件数や信頼性の高さも派遣会社を選ぶ上では重要な指標となります。ダメな派遣会社を選んでしまうと様々な面で損をすることも考えられますので注意しましょう。

以下に、派遣会社を選ぶポイントについて紹介していきます。

大手会社の求人取り扱い数

まずは、各派遣会社の大手会社の求人取り扱い数を見てみましょう。信頼できる派遣会社は派遣先となる企業からも信頼されています。特に、大手会社の求人をたくさん取り扱っているような派遣会社は、企業からの信頼性も高いということができるでしょう。

また、大手会社の方が期間工として働く場合の待遇も良くなってきますので、期間工側にもメリットが高い優良求人ということになります。

取り扱い求人数が多ければ多いほど、幅広い選択肢があるということですので、求職活動を有利に進めることができるようになります。

運営が長く、信頼できる会社かどうか

人材派遣業界は、入れ替わりの激しい業界です。長く運営されており、信頼できる派遣会社にどんどん優良求人案件が集まってくるため、そうではない派遣会社は厳しい状況にさらされてしまいます。

そのため、そのような弱い派遣会社では期間工への利益の還元がほとんどなく、メリットを得られない可能性が高くなってしまいます。

サポートの面でも、信頼性の高い派遣会社の方が経験豊富なスタッフを揃えており充実しています。派遣会社を経由して期間工へ応募する際には、運営が長く信頼できるような派遣会社を選んでいきましょう。

派遣会社スタッフの手厚いサポートがあるかどうか

利用する派遣会社のスタッフの手厚いサポートがあるかどうかという点も、派遣会社を選ぶ上では重要なポイントです。

応募から就業までの流れは、派遣会社によって違ってくることもあります。そのため、分からないことや不安に感じること等が増えてしまうということもあるでしょう。

そんな時に、派遣会社から十分なサポートが受けられないとなると、スムーズに就業ができなくなるおそれも出てきます。期間工としてスムーズに就業していくために、手厚いサポートを提供している専門のスタッフがいるような派遣会社を選ぶことをおすすめします。

期間工募集をしているおすすめの派遣会社3社

期間工募集をしている派遣会社の中で、おすすめの派遣会社を3社紹介していきます。各社とも信頼できる大手の派遣会社ですが、特徴が若干違ってきていますので確認してみましょう。

自分のニーズに合った派遣会社を選んでいくことが重要です。

1位:アウトソーシング(期間工.jp)

期間工.jp

期間工内定実績No.1の「期間工.jp」

アウトソーシングが運営している期間工.jpは、期間工に特化した求人サイトです。運営している派遣会社のアウトソーシングは、東証一部上場企業であり人材業界で急成長してきている会社です。

期間工.jpは、各企業が募集している期間工の求人に特化しているおり利用しやすいため、期間工として働きたい人に最もおすすめのサービスとなっています。

期間工募集サイトとしての、掲載求人件数は常に高水準を維持しており、期間工の内定者数や利用満足度も業界トップクラスです。期間工.jpでは、トップページで各メーカーの待遇や入社祝い金等を比べることもできます。

入社祝い金の金額も、他の派遣会社と比べて相対的に高水準のサービスとなっています。期間工として就業するのであれば、期間工.jpは最もおすすめの派遣会社となります。

2位:日総工産(工場求人ナビ)

日総工産が運営している工場求人ナビも期間工の募集をしています。こちらも東証一部上場企業ですので、信頼性は非常に高いということができるでしょう。

日総工産の特徴として、日総工産の正社員として他の企業で働くというシステムを提供している点が挙げられます。もちろん、その場合でも派遣先の企業に転籍して正社員として働くことが可能となります。

期間工は必ずしも正社員になれるとは限らない面もありますので、正社員にどうしてもなりたいというような人は検討してみても良いでしょう。

3位:日研トータルソーシング(e仕事)

日研トータルソーシング

日研トータルソーシングのe仕事でも、期間工に応募することができます。 日研トータルソーシングは上場企業ではありませんが、設立から35年以上の歴史を持つ信頼性の高い派遣会社となります。

日研トータルソーシングの特徴としては、工場系の仕事以外にも様々な仕事を紹介しているという点です。工場の仕事だけではなく、他の仕事も見てみて比較してみたいというような人におすすめです。

 

以上、期間工に応募する際に、派遣会社を経由することについてのメリットやデメリットの解説と、実際に期間工に応募することができる派遣会社の紹介をしていきました。

期間工に応募する際には、実は派遣会社を経由することでかなりのメリットを受けることができるのです。

派遣会社には様々な種類がありますが、期間工として働きたいという人には、期間工の求人に特化しており、豊富な実績とお得なキャンペーンを随時行っている期間工.jpが最もおすすめのサービスとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です