期間工は自宅通勤もOK!同棲中・家族持ちなら通いがおすすめ

期間工の家族
元期間工
ケンタ
期間工として働きたい時に勤務地が自宅から近い地域にある人は、自宅から勤務可能なのかどうか気になっているのではないでしょうか。特に家族持ちや恋人と同棲中の人等は、できれば自宅から勤務したいと思っている人も多いことでしょう。

原則的には、期間工の自宅通勤は可能です。この記事では、期間工の自宅通勤やその注意点について解説していきます。

自宅から勤務工場までの通勤は可能

多くの期間工が寮生活をしながら勤務をすることになりますが、自宅が通勤圏内の場合は自宅通勤をしているような人も少なからずいます。勤務地が自宅からの通勤圏内にある場合で、恋人と同棲中の人や家族持ちの人には自宅通勤をおすすめします。

また、人によっては寮生活は嫌だという理由で、勤務地の近くにアパートを借りるような人もいます。寮生活をしながら働くことができるという点は期間工として働くメリットですが、住み慣れた自宅から通勤したい人や同棲中や家族持ちの人、プライバシーを重視するような人は寮生活を拒否することも可能なのです。

アパートを借りて通いで勤務する

遠方から赴任する人は基本的には寮生活となります。寮費や光熱費が無料ですので、生活費を安く抑えることができることが期間工のメリットでもあります。

しかし、どうしても寮生活が嫌な場合は、自分でアパートを借りてそこから通いで通勤することができます。また、寮生活をしているものの寮生活が馴染まず、寮を出たいと思い契約期間中に寮を出て近くのアパートに引っ越すことも可能です。

初めから寮生活をしたくない場合は、面接会でその旨を説明しておきましょう。寮生活中に寮を出たい場合は、寮の職員や職場の総務課に相談してみましょう。

車やバイクでも自宅通勤ができる

工場の駐車場

勤務する工場は広大な敷地面積があり、駐車場が充実しています。そのため、車やバイクでも自宅通勤をすることができるようになります。

また、少し離れた地域から自宅通勤をしたい場合は、夜勤の際に公共交通機関が止まっている場合が多いため、車やバイクでの通勤は必須となります。

朝の通勤時間は渋滞することもありますので、遅刻しないように注意しながら余裕を持って出発しましょう。

自宅通勤でも交通費が支給される

車やバイクで自宅通勤をする場合は、ガソリン代が意外とかかってしまいますよね。自宅通勤の場合は交通費が支給されます。自宅から職場までの距離で交通費が算定されますので、交通費の支給を受けたい場合はしっかりと伝えておきましょう。

また、通勤で使う車やバイクの駐車場代は無料となります。

会社によっては自宅通勤ができないところも

原則として期間工は自宅通勤をすることが可能ですが、会社によっては自宅通勤ができない場合もあります。その主な理由は、工場の敷地面積が狭く十分な駐車スペースが確保できていないような場合です。

そのような場合では、まず正社員が優先されます。余ったスペースがあれば、期間工でも自宅通勤を許される場合がありますが、初めから断られるようなこともありますので注意しましょう。

自動車工場の場合、自社メーカーの車を利用している場合は、他社メーカーを利用している場合と比べて優先されることが多くなります。

また、自宅通勤圏内の勤務地を希望したとしても、会社の都合で違う勤務地に配属されるようなこともありますので注意しておきましょう。

自宅通勤で注意すること

面接官

期間工は、自宅通勤をすることが可能です。面接会で自宅通勤を希望することを伝えておくと、融通を利かせてくれることもあります。

しかし、自宅通勤を希望する場合には注意すべき点がありますので、いくつか紹介していきます。

必ずしも希望の勤務地での勤務とはならない

期間工は、複数の勤務地に分かれています。自宅通勤を希望した上で勤務地を希望したとしても、100パーセントその勤務地で働けるとは限りません。

期間工の勤務地の割り振りは会社によって決められるので、必ずしも希望の勤務地での勤務とはならないのです。ただし考慮されることはありますので自宅通勤を希望した上で勤務地を希望する際には、面接官に伝えておきましょう。

アパートを借りる場合は、意外と手続き等が面倒

遠方から赴任するが、寮生活ではなく自分でアパートを借りて通勤したいという人は、アパートを借りる手続きは意外と面倒であるということを頭に入れておきましょう。

部屋探しから始まり、保証人や保証会社の用意、敷金や礼金が必要となる等、手間やお金がかかってしまいます。

車やバイクは必須

多くの期間工は交代勤務となるため、夜勤をしなければなりません。夜勤終了時には、公共交通機関が動いていない場合が多いです。

寮生活をしている人は、シャトルバス等が運行しているため気にする必要はありませんが、自宅通勤をする人は車やバイクは必須になる可能性が高くなるでしょう。

 

期間工は自宅通勤が可能かどうかということについて解説していきました。自宅通勤は可能となりますが、勤務地等に関しては100パーセント希望通りなるということはありません。

また、寮に入らずアパートを借りる場合は、手続き等が面倒で意外にお金や時間がかかってしまうということに注意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です