期間工の履歴書はこれで完璧!職歴から写真、嘘はバレるのかまで

履歴書
元期間工
ケンタ
期間工の面接を受けるためには、履歴書が必要となってきます。履歴書は、今までその人がどのような経歴を歩んできたかということを見るための書類であり、面接の際では重要な判断材料となります。

履歴書をどういうふうに書けばいいかわからないという人もいるかもしれません。この記事では、期間工に応募する際の履歴書の書き方について詳しく解説していきます。

期間工の履歴書の書き方のポイント

期間工として採用されるためには、しっかりと書かれた履歴書が必要になってきます。履歴書は、選考会の際に面接官が読む大切な書類です。

期間工として採用されるための履歴書の書き方にはいくつかのポイントがあります。これから紹介する期間工の履歴書の書き方のポイントや注意点を参考にしていきながら履歴書を書いてみてください。

コンビニで売っているものでOK

履歴書には様々な種類がありますが、どの履歴書を選べばいいでしょうか。実際には、履歴書の形式にあまりこだわる必要はありません。

コンビニに売っているシンプルなものでOKです。コンビニに売っているからといって粗悪な履歴書であるということではありません。

コンビニでもきちんとした規格に沿った履歴書が販売されています。履歴書は当日に持参し、面接官が直接見るものですからA4タイプの大きめ封筒に入れて、できるだけ折り目をつけないようにして選考会に持込みましょう。

パソコンではなく手書きで

手書きで書く履歴書

履歴書はパソコンではなく手書きで書きましょう。手書きの方がやる気や熱意が伝わりやすくなります。手書きで履歴書を書く時は丁寧な字を書くことを心掛けていきましょう。

字が上手いか下手かというよりも丁寧に書いているかどうかということが大事です。履歴書を書き終えた後は、必ず誤字脱字等がないかどうかを確認していきます。

鉛筆等で薄く下書きをした後で、ボールペンを使って書くと上手くいくでしょう。面接官が読むものですので、読む人のことを考えた丁寧で分かりやすい履歴書を書いていくことを意識していくようにしましょう。

写真はスーツ姿で

履歴書には写真を添付する箇所がありますが、写真を撮る際にはスーツ姿で撮っていきましょう。証明写真の機械で撮ったものでも大丈夫です。

面接官は面接当日に履歴書を見ることになりますが、履歴書をぱっと見た時に貼り付けられている写真は目に付きやすいポイントです。

スーツ姿の写真である場合とラフな服装である場合とでは、スーツ姿の方が誠実なイメージを与え面接官の印象が良くなります。

また、髪型も清潔感を感じるような髪型にしておきましょう。できれば面接当日もスーツ姿で受けるようにしてください。

学歴、職歴はすべて記入

履歴書には学歴と職歴を書く欄があります。学歴と職歴はすべて記入するようにしてください。学歴や職歴はその人がどのような人生を歩んできたかを知るための重要な資料になります。

学歴に関しては、入学年月日と卒業年月日を間違えないように書いていきましょう。職歴が多い人はすべての週社日や退社日を記憶していないかもしれません。

前職以外の職歴に関してはだいたいの年月日で大丈夫です。期間工を希望する人の中には、自分の学歴や職歴に自信がないという人もいるかもしれません。

しかし、そのような人でもやる気や熱意をアピールすることができれば採用されますので安心してください。学歴や職歴はウソをつかず正直に記入していきましょう。

志望動機はシンプルに記入

志望動機はシンプルに記入していきましょう。面接官に、期間工として働くやる気や熱意がダイレクトに伝わるような志望動機を書いてください。

自動車を製造している企業であれば、自動車に対する興味等を表現することも有効となるでしょう。面接官に喜ばれるような志望動機を意識してみてください。

あまり回りくどい言い回しで志望動機を書いてしまうと志望動機がぼやけてしまって、あいまいな表現になり面接官の印象も悪くなってしまいます。志望動機はシンプルな言葉で実直に表現していった方が面接官の印象が良くなります。

期間工の志望動機例文まとめ!テンプレ&NGワードも

2018.08.16

免許・資格の欄は正式名称で

履歴書には、免許・資格の欄というものもあります。期間工の仕事として役に立つ免許や資格は自動車運転免許やフォークリフトの資格等になります。

自動車の完成工場での出荷作業や検査業務では工程の中で自動車を運転することもあります。また、フォークリフトの資格を持っていると運搬業務等に配属されやすくなります。

このような免許や資格を持っていると、配属先を柔軟に決定できますので採用で有利になってきます。その他の資格等を持っている人も努力したというアピール材料になりますので積極的に書いてみましょう。

また、免許・資格の欄に記入する際には正式名称を記入してください。自動車運転免許は普通自動車第一種運転免許取得、フォークリフトの資格はフォークリフト運転技能講習修了というふうに書いていきましょう。

 

本人希望欄は希望勤務地を

履歴書を書いていると本人希望欄という箇所があります。期間工の場合、待遇等は最初から決まっていますので待遇に関する希望を出すことはできません。

本人希望欄には、希望勤務地を書いておきましょう。もちろん、募集している企業の工場が進出していないような地域を書く等の無謀なことはしてはいけません。

企業は複数の工場を持っており、工場によって特色があります。自分が配属されたい工場がある地域を書いていくのです。100パーセント希望通りになるとは限りませんが、考慮されるでしょう。

履歴書を書き終えた後は、事実の整合性の確認や誤字脱字の有無、用紙や封筒が汚れていたり破れていないかのチェックをしておきましょう。

嘘の経歴は絶対に書かないように

嘘つき

履歴書には、ウソの経歴は絶対に書かないようにしましょう。自分の経歴に自信がなくても素直にそこは認めて正直に書いていきましょう。

ウソの経歴を書いた履歴書を提出してしまうと、経歴詐称ということになってしまいます。また、税金や社会保険手続き等で前職との整合性が取れなくなり会社に迷惑をかけてしまうおそれもあります。

あまりにも怪しい場合には、前職の調査等をされてしまう可能性もあります。履歴書では必ず正直な内容を書いていきましょう。

 

期間工の履歴書の書き方や注意点について紹介していきました。履歴書は、相手に自分の情報を伝える大切な書類ですので、丁寧に正直に書いていくということがポイントとなります。

このようなポイントをおさえた履歴書を提出すると面接官の印象も良くなり、期間工として採用される可能性が高まっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です