期間工は借金の返済にもおすすめ!でも面接で借金がバレると…

借金につぶされる人
元期間工
ケンタ
期間工に応募したい人の中には借金を抱えており借金を返済していくことが目的であるという人もいるかもしれません。借金があると期間工の面接で不利になるかどうかを心配しているのではないでしょうか。

この記事では、借金を抱えている人が期間工として採用されるのかどうかということについて解説していきます。

面接で必ず聞かれる借金の有無

期間工の面接会では借金の有無について必ず聞かれます。一般的に借金のある人は金銭的にだらしなくて、金銭トラブルの元になるおそれがある人だと考えられています。

そうしたリスクのある人を排除していくために借金のある人は、借金のない人と比べて期間工の採用では不利になってしまうのです。しかし、借金があるからといって絶対に採用されないというわけではありません。

借金があったとしても期間工として採用されるケースは多々あります。

借金持ちでもできれば「なし」と答えるように

借金のある人は、面接会の際にできれば借金は「なし」というふうに答えてください。面接でウソをつくことになりますが、企業が信用機関等で調べ上げるようなことはありません。

基本的には、借金に関する情報は個人情報ですのでバレにくいのです。少額の借金等であれば、黙っていればバレることなく働きながら返済をしていくことができます。

自分の悪い面を隠せる場合は隠していくということは、面接を受ける上で重要なテクニックとなります。

バレてしまうようであれば正直に「あり」と答える

バレてしまうような借金を抱えている人は、面接会で正直に「あり」と答えるしかありません。借金が「あり」と答えてしまうと、残念ながら面接官の印象が悪くなり不合格となる可能性が高まってしまいます。

しかし、その他の部分でアピールをしていくことで面接官の印象を変えていくことは可能です。注意すべき点としては、住民税や国民健康保険料を滞納しているような場合です。

住民税や国民健康保険料を滞納していると、職場に連絡が来るようなことがあります。期間工は大企業に勤めることになりますので、担当の役所は該当者がどこでどのような仕事をしているかを把握することができるのです。

住民税や国民健康保険料を滞納しているような場合は、面接会で正直に答えたほうが無難でしょう。

借金があっても期間工に採用されるために伝えるポイント

マルとバツ

借金がある人は、借金がない人と比べてどうしても期間工として採用されにくくなってしまいます。しかし、借金があるからといって絶対に採用されないということにはなりません。

面接で借金の有無を聞く趣旨としては、金銭にだらしない人やトラブル等を起こす人をふるいにかけたいということです。借金はあるが誠実に返済していることをアピールしたり仕事に真面目に取り組むことをアピールすることで面接官の印象を上げ、合格する確率を高めることは可能です。

仕事に対する誠実さや真面目さを十分に表明していきましょう。

毎月きちんと返済していると伝える

面接で借金があると答えた場合は、同時に毎月きちんと返済しているということを伝えておきましょう。計画的に返済しているということが面接官に伝わると、印象も良くなっていきます。

借金を抱えている人は、金銭的にだらしないというイメージを持たれてしまいますが、きちんと返済していると伝えることができると、そのようなイメージを覆していくこともできるようになるでしょう。ピンチをチャンスに変えることができるのです。

がんばって仕事をするとアピールする

借金を抱えていても誠実に返済していきながら、がんばって仕事をしていくとアピールすることも重要です。期間工の面接官は誠実な人柄かどうかということや、がんばって仕事をすることができるかどうかという点を重視して面接しています。

借金があったとしても、人物的に問題もなく仕事に真面目に取り組んでくれそうな人にはチャンスを与えてくれるのです。

借金があるというだけでマイナスポイントになってしまうということは否めませんが、それ以上に採用するメリットやプラスの面を強調してアピールしていくことが重要になってきます。

事前に派遣会社に相談する

期間工は募集企業へ直接応募することもできますが、派遣会社を通して応募することもできます。派遣会社を通した際も直接雇用となるのですが、派遣会社から様々なサポートを受けることができるようになります。

派遣会社を通して期間工に応募するような人は、事前に借金について派遣会社に相談してみることをおすすめします。もちろん、借金の内容があまりにひどいような場合では派遣会社の判断で不合格となる可能性も否めませんが、派遣会社の方が親身になって相談に応じてくれるでしょう。

何らかのアドバイスを受けることもできるようになるかもしれません。

もし入社後に借金のことがバレたら?

バレた借金

借金を抱えている人が面接で借金がないと答えて採用された場合、入社後に借金のことがバレることもあります。バレるきっかけとしては職場に電話がかかってきたり、寮に督促状が届くようなことが挙げられます。

そのようなことがあった場合は職場に借金の存在がバレてしまうことになります。こうしたことが起こってしまうと、担当の上司と面談になるような可能性も出てきます。その際には、きちんとした返済計画があるということをしっかりと説明することができれば、特に咎められるようなことにはなりません。

また、担当の上司から深く借金について問い詰められるようなこともありません。その借金が原因で、その場でクビになることは滅多にないということができるでしょう。

契約更新等の際には上司が判断する場合もありますが、真面目に仕事に取り組み人間的に問題がないということをアピールしていけば契約更新されます。

 

期間工の面接では借金の有無について必ず聞かれることになりますが、誠実に働ける人かどうかトラブルを起こすような人間ではないかということを判断する材料として聞かれています。

もちろん、借金がないと答えたほうが面接では有利になりますが、正直に借金があると答えたとしても誠実さや真面目さをアピールすることができれば採用されるでしょう。

それは、入社後に借金がバレた場合でも同じです。人間的に問題がなく誠実に仕事に取り組んでいれば、働き続けることができます。借金を抱えている人でも、期間工として採用され働くことは可能です。

不安な人は期間工の募集を行っている派遣会社に相談をした上で、派遣会社を経由して応募してみることも一つの手となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です