期間工の面接合格率をアップさせる5つの法則!落ちる前に必読

面接に合格した期間工
元期間工
ケンタ
期間工として働くためには面接会に参加し採用されなければなりません。実際の面接では、どのような対策をすればいいか悩んでいる人もいるでしょう。面接対策をしっかりと行うことで、自信を持って面接を受けることができますよね。

この記事では、期間工として面接に受かるにはどのような面接対策をすれば良いかということや、期間工の面接に落ちた人の特徴等について解説していきます。

面接前の準備をしよう

面接前には前もって面接の準備をしておきましょう。面接の当日にバタバタしてしまって忘れ物をしてしまったり、面接で的外れな対応をしてしまうと落とされる可能性が出てきます。

また、身だしなみにも最低限の気を使っていきましょう。何事も準備をしすぎるということはありません。しっかりとした準備をした上で心に余裕を持って面接の本番を迎えていきましょう。

持ち物は履歴書、筆記用具

面接当日に持っていくものは履歴書と筆記用具です。履歴書は面接官に提出することになりますが、その履歴書をもとに面接や質問をしていきますので、きちんと丁寧な字で書いた履歴書を用意しておきましょう。

また、筆記用具も用意しておきましょう。選考会では面接だけで終了することが多いですが、メーカーによっては書類に必要事項を記入をしたり、簡単な筆記試験を受けることになる場合があります。準備をしておいて損をすることはないでしょう。

服装はスーツか、キレイ目な私服で

期間工の面接にはきちんとした服装で臨みましょう。面接官は期間工希望者の服装もチェックしているのです。服装が乱れていると面接官の印象が悪くなってしまいます。

スーツを用意できる人はスーツで面接を受けた方が無難です。スーツが準備できないような人は無理に買ったりする必要はありませんが、キレイ目な私服で面接に参加しましょう。襟付きのシャツや地味でおとなしい感じの服装がベターとなります。

髪型にも気をつかおう

服装と同じく、髪型にも気を使っていきましょう。清潔感のある短髪が最も面接官の印象が良くなります。奇抜な髪型で面接に行くこともやめておきましょう。社会人としての常識を疑われてしまいます。

髪色についてはあまり派手過ぎなければ大丈夫です。髪を染めている場合は落ち着いた色に染めなおしておきましょう。寝ぐせやくせ毛のある人は整髪料等で固めて整えておきましょう。

面接の直前では、肩にフケが落ちてないかもチェックしておきます。

面接(選考会)の主な流れ

面接に臨む男性

期間工の面接に参加する際の主な流れについて紹介していきます。メーカーによって微妙に異なる場合もあるかもしれませんが、大枠は同じですので参考にしてみてください。

また、派遣会社を経由するとメーカーと直接の面接なしで赴任ということになる場合もあります。

選考会場へ向かう

期間工の面接は全国各地で行われています。面接会の日程や場所の情報についてはホームページ等で公開されていることが多いですので確認してみてください。

公開されていない場合は、電話やメールで直接問い合わせてみても良いでしょう。選考会場は自分が住んでいる地域に最も近い会場を選ぶことができます。

自分が参加する選考会場と日程が決まったら、後は時間に遅れないように選考会場へ向かっていくだけです。面接会に参加する際には特に予約等が必要とならない場合が多くなっています。

会社説明会

選考会場に到着した後は、その場で面接を受ける複数の期間工希望者とともに会社説明会を受けることになります。その際には、期間工として働く際の注意点心構え等が説明されます。

期間工は、有期契約であり長期で働けるわけではないということや、交代勤務や作業内容等により身体に負担がかかってしまう可能性があること等の説明を面接官から受けることになります。

選考試験(面接、筆記試験、実技試験)

選考試験は面接のみで行われるという場合が多いです。適性試験等もありますが、採用後の教育期間や健康診断とともに行われる場合が多くなってきます。

しかしメーカーによっては選考会で筆記試験や簡単な実技試験を行う場合もあります。筆記試験はそこまで難しいものではなく、一般的な常識があれば必ず合格するレベルのものです。

実技試験は手先の器用さや筋力、握力等の体力的な適性を測る試験となります。

面接合格率アップ!5つの対策はこれだ

ピースする女性

期間工の面接では期間工として働くことに対するやる気や意欲、最低限の適正があれば誰でも採用されると思います。しかし、期間工の面接で落とされてしまうような人も一定数は必ずいるのです。

面接官が採用したい人物像を汲み取り、面接では効果的なアピールをすることを心掛けていきましょう。これから面接での合格率を高める5つの対策を紹介していきます。

「体力に自信がある」ことをアピール

期間工の面接官は、希望者がきちんと期間を満了できるかどうかという点を重視して合否を決定しています。期間工の仕事は体力勝負の面がありますから、体力が貧弱な人は不合格になる可能性があります。

面接では、体力に自信があるということをアピールしていきましょう。前職での経験学生時代の部活動等を振り返りながらアピール材料がないか探してみてください。

志望動機は「体を動かすことが好き」とアピール

期間工の仕事は、体を動かす仕事が中心となります。ですので、志望動機としては体を動かすことが好きということをアピールすることも有効となってくるでしょう。

面接でよく聞かれる質問内容として、身体を動かして無理な体勢になることがあるが大丈夫かどうかというものがあります。その時に、体を動かすことが好きであるので大丈夫というふうにアピールすると、面接官を安心させることができるようになるでしょう。

明確な目標があることをアピール

明確な目標があるということも面接官の印象が良くなります。その明確な目標に向かって努力できる人なので、きちんと期間を満了することができると判断されるからです。

飲食店を開業する資金を貯めるために応募したというような、具体的な目標を面接官に伝えてみてください。面接官に共感してもらえたり、応援してもらえるようにアピールしていきましょう。

働く期間は「1年以上」と回答する

期間工の面接を受ける人の中には、短期間での契約満了を希望している人もいるかもしれません。しかし、面接では短期間希望を伝えずに長期で働きたいというふうに回答しましょう。

期間工の面接では、どれくらいの期間働きたいか動かということを聞かれます。面接官もできるだけ長く働いてくれる期間工を探しているのです。また、面接で長期勤務を希望したからといって短期で満了できなくなるということはありません。

短期で満了しても満了金や報奨金を受け取ることができるようになりますので、安心してください。

借金があっても「なし」と回答する

期間工希望者の中には、借金を抱えてしまっている人もいるかもしれません。期間工の面接では借金の有無について聞かれることがあります。

借金を抱えている場合でも、面接では借金はないというふうに回答しましょう。借金があると答えてしまうと、金銭面でだらしない人と思われたりするため面接で不利になってしまいます。

借金を抱えている人が借金がないというふうに回答するとウソをつくことになりますが、面接官は信用機関等で調査をするようなことまではしませんので、バレることはほぼありません。あえて面接での印象を下げる必要はないでしょう。

必読!期間工で面接に落ちる人の特徴はこれだ

期間工の面接では大抵の人が受かりますが、中には落ちる人も出てきます。どのような人が期間工の面接で落ちてしまうのか気になりますよね。以下に、期間工で面接に落ちる人の特徴を挙げていきます。

あいまいな志望動機

志望動機があいまいな人は期間工の面接で落とされやすくなります。志望動機が固まっていない人は、すぐにやめてしまうのではないかというふうに面接官に思われてしまうからです。

また、あいまいな志望動機や的外れな志望動機では面接官の印象も悪くなってしまいます。期間工として働くためにポジティブな志望動機を考えていきましょう。志望動機は事前にしっかりと固めて、面接ではっきりと表明していきましょう。

病気、怪我持ち

病気や怪我持ちの人も期間工の面接で落とされてしまいます。やはり、期間工の仕事は体力が重要となってきますので、病気の人や怪我持ちの人は仕事が続くかどうか不安に思われるからです。

期間工の面接を受ける前に、治せる病気や怪我は治しておきましょう。そうでない場合でも、自力で克服できるように努力していってください。また、面接では病気や怪我を持っていたとしても、あえて言及することは避けていきましょう。

マイナスポイントを強調してしまうと、面接官の印象を悪くしてしまうだけです。採用されないことには何も始まりません。

身だしなみが悪い

身だしなみが悪い人も面接で評価を得ることが難しくなります。身だしなみが悪い人は、だらしない人と思われてしまい仕事を正常にできるかどうか不安視されるようなこともあります。

そのような人は、面接官の印象が悪く面接で弾かれてしまう可能性が高くなります。面接官も人ですから第一印象を整えていくことも大事です。最低限の身だしなみには気を使っておきましょう。

相手に与える印象を考えて、清潔感のある服装や髪型を心掛けてください。

思わぬ失言(借金、経歴詐称など)

借金の有無や経歴詐称等、思わぬ失言により面接で落とされるような人もいます。借金の有無や経歴詐称は少々のことではバレません。面接後に面接官が調査したりするようなことはほぼないからです。

しかし、面接の途中で履歴書と整合性のない発言等を繰り返してしまうと、面接官に不信感を持たれていまします。そのため、面接での評価を大きく落としてしまうことになるのです。

こうしたことが原因となって面接で不合格にされてしまうこともあります。面接中の思わぬ失言については細心の注意を払っていきましょう。

 

面接への段取りや面接で合格率をアップさせる方法、面接で落とされる人の特徴等について解説していきました。元気や意欲があって自信を持って面接に望んでいるような人は大抵合格となります。

しかし、あまりにも面接に対する意識が低かったり、準備が極めて不足しているような場合は不合格になることもあります。

期間工の面接を受ける際には、面接対策を怠らずに落とされる人の特徴も頭に入れておきながら選考会の当日を迎えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です