期間工の合格率・採用率は50%以上!90%にアップさせる方法も

合格した期間工
元期間工
ケンタ
期間工として働きたいと考えている人の中には、自分が採用されるかどうか自信がないという人もいるかもしれません。期間工の採用試験での合格率や採用率を上げていく対策について知っておきたいですよね。

この記事では、期間工の合格率・採用率や合格率を上げていく方法について解説していきます。

期間工は誰でも合格・採用されるとは限らない

期間工は誰でも合格・採用されるとは限りません。期間工の面接で落ちてしまうような人も少なからず存在しています。

メーカーに直接応募した場合の合格率については正式な発表がありませんので推定ですが、各種メーカーの期間工の合格率は50%〜80%の間くらいだと思われます。

合格率は、募集時期によっても波があります。募集人数と応募人数のミスマッチが起こってしまうと、採用難易度が平均時よりも上がってしまうようなこともあります。

また、メーカーによっては期間工希望者からの人気が高く、合格難易度も高くなってしまっているメーカー等もあります。

期間工.jpを使うだけで合格率は90%にアップ!

ピースする期間工

期間工の合格難易度は流動的で読みづらい面がありますが、大手人材派遣会社の「期間工.jp」を経由して応募した場合は、合格率が約90%にアップします。

この90%という数字は、2016年に公表されていた期間工.jpの内定率「89.9%」が根拠です。

年間3800名以上の期間従業員を紹介しながら、こんなに高い内定率を達成したのはすごいの一言ですね。

合格率は時期に関係なく安定しており、期間工.jpを経由して応募すると、期間工としての適性がきちんと備わっている人であれば、ほとんどの人が合格していくということになります。

期間工.jpでは、専任のスタッフが各メーカーの募集状況を把握しており、その人に合った最適な職場の紹介や面接対策、履歴書の添削等のサービスを提供していますので、合格率が安定して高くなってくるのです。

また、期間工.jpは人材派遣会社や人材紹介会社の中でも、特に豊富な実績と充実したサービスを提供しているため、期間工に応募する際には期間工.jpを経由して応募することをおすすめします。

期間工のNo.1派遣会社「アウトソーシング(期間工.jp)」の評判&特徴を解説!

2018.11.30

期間工へ応募する際は派遣会社を使おう

期間工へ応募する際には、派遣会社を経由して応募していきましょう。派遣会社はメーカーとの独自のパイプがあり、採用の確率を高めるノウハウもあります。

多くの種類のメーカーの求人状況に応じて、最適なメーカーの紹介を受けることができるため、採用確率も安定しています。また、派遣会社を経由して応募することで、直接応募した場合では得られない入社祝い金をもらえるような場合もあります。

派遣会社を使うことで様々なメリットを受けることができるようになるのです。期間工に応募する際には、派遣会社を積極的に活用していきましょう。

事前対策はしっかりと

事前対策セット

以上、期間工の合格率・採用率について解説していきました。期間工の仕事は誰でもできる仕事ですが、仕事の適性が備わっていたとしても、面接で落とされてしまうようなことが普通にあります。

事前に面接対策等を行っていく必要があるでしょう。また、派遣会社を利用すると面接対策や履歴書の添削等のサービスを受けることができるようになります。

派遣会社を通すことで、安定して合格率を上げることが可能となるのです。期間工に派遣会社を経由して応募する場合は、豊富な実績と充実したサービスを受けることができる期間工.jpをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です