期間工の志望動機例文まとめ!テンプレ&NGワードも

履歴書
元期間工
ケンタ
トヨタや日産、ホンダで期間工として働きたくても、なかなか志望動機が固まらないという人も多いでしょう。面接官の印象を良くして採用の確率を上げる志望動機をどう書くかは、結構難しいですし悩みますよね。

この記事では、期間工の志望動機の書き方や具体例をテンプレを交えながら解説していきます。

期間工の志望動機の書き方にはコツがある

期間工に応募する際に履歴書を持参する必要がありますが、履歴書の中でも面接官が注目するポイントとして挙げられるものが志望動機です。良い志望動機を書くことができれば、採用される確率を上げることができるようになるでしょう。しかし、逆に悪い志望動機ですと、面接官が感じる印象が悪くなり面接で不利になってしまうおそれもあります。

面接官に好印象を持たれるための志望動機の書き方には簡単なコツがあります。期間工に求められる資質や意欲を備えた志望動機を書くことができれば、採用される確率をグンと上げることができるのです。

また、志望動機の例文を紹介する前に、「期間工に応募するなら派遣会社を利用しないともったいない」ということを知らない人が多いので簡単に説明しておきます。

メーカーに直接応募するのではなく、業界No.1の派遣会社「期間工.jp」経由で応募すれば

  • (直接応募ではもらえない)数十万円の入社祝い金がもらえる
  • 履歴書の添削や模擬面接等のサポートを専任のコンサルタントから受けることができて、合格率が大幅アップ

といったメリットがあります。

直接応募する前に「期間工.jp」経由で応募できないかを一度確認するようにしてください。

期間工.jp

期間工内定実績No.1の人材派遣会社・アウトソーシングが運営する「期間工.jp」

面接で受かりやすい志望動機例

〇を出す女性

面接官は、期間工として採用後にきちんと期間を満了できるか、与えられた仕事をしっかりとこなすことができるかどうかという点を重視して面接をしています。

期間工の仕事は製造業ですので、ものづくりに携わる仕事であり、1日中体を動かす仕事が多く体力勝負の面もあります。このような仕事をこなしていく資質があるかどうかも、面接での判断材料です。また、期間工として働くことに前向きな考えを持っており、明確な目標がある人も採用されやすくなります。以下に具体例を交えつつ説明をしていきます。

体を動かすことが好き

期間工の仕事は体を動かすことが多い仕事です。体を動かして働くことが好きということを志望動機に盛り込んでいくことで、面接官の印象が良くなります。

受かりやすい例
私は以前から体を動かすことが好きなので、体を動かして稼ぐ仕事を探していたところ期間工という仕事を知り興味を持ちました。

体力に自信がある

期間工の仕事は体力勝負の面もありますので、体力に自信があることをアピールするような志望動機も有効です。自分の過去を振り返ってみて、学生時代の運動部での経験や前職の経験等でアピール材料がないかどうか考えてみましょう。

受かりやすい例
私は、学生時代に野球部に所属しており体力には自信があります。自分の体力を活かして働ける仕事は何かと考え、自動車工場で働く期間工に興味を持ちました。

ものづくりが好き

期間工が働く会社は製造業者であり、ものづくりの現場で働くことになります。自動車工場の期間工の面接を受ける際には自動車業界に対する興味を盛り込むと良いでしょう。

受かりやすい例
私はものづくりが好きで、かねてより製造現場での仕事に携わってみたいという希望がございました。特に、日本の基幹産業でもある自動車業界に携わりたいとの思いがあり、応募させていただきました。

明確な目標がある

明確な目標がある人も、面接官から好印象を受けやすいです。目標達成のために、長期的な勤務を希望すれば採用確率は上がります。面接官に応援してもらえるような目標を持って、面接に望みましょう。

受かりやすい例
私は将来、地元で飲食店を開業したいと考えています。期間工という仕事は、開業資金を貯金するために良い仕事だと思い応募させていただきました。日本のトップ産業である自動車業界で働きながら学び、地元に帰ってその経験も活かしていきながら社会貢献できる人間を目指していきたいと思っています。

面接で落ちやすい志望動機例

×を出す女性

面接で落とされやすい志望動機例には共通点があります。 それは、自分の個人の利益を追求するような志望動機です。もちろん、期間工に応募する人の中にも個人の利益を追求するために応募するような人もいるかもしれません。しかし、それを志望動機として履歴書に書いたり、面接で堂々と発言してしまうのは適切ではありません。

あくまで、仕事に対してどのように携わり貢献していきたいか、あるいは仕事を通じてどのように成長していきたいかというふうに仕事をメインとした志望動機を書いていきましょう。面接で落ちやすい志望動機例を以下に挙げておきます。

ものが欲しい

ものが欲しいから期間工に応募しますというような志望動機は面接で落ちやすい志望動機となります。仕事よりも欲しいものを優先していると捉えられてしまうからです。しかし、例外として応募先企業のファンでそこの車が欲しいからというような場合は、面接官の印象が良くなることもあります。

落ちやすい例
高級時計のロレックスを彼女にプレゼントするお金が欲しいから応募しました。できるだけはやく彼女に買ってあげたいので採用の程よろしくお願いいたします。

借金返済のため

借金返済のためという志望動機もマイナスなイメージを与えます。金銭的にだらしないと面接官に思われたり、就業後に金銭トラブル等を起こす懸念も生じてしまいます。また、借金があるというだけでも面接でかなり不利になりますので、借金への言及は避けておきましょう。

落ちやすい例
いつの間にか借金が増えてしまい手っ取り早く返済したいので期間工に応募しました。期間工で働くと稼げるため、私の借金もすぐに返済できると思いますのでがんばっていきます。

福利厚生に魅力を感じた

期間工の福利厚生は非常に充実しており素晴らしいです。高待遇や福利厚生も期間工として働く大きな魅力の一つですが、単にその福利厚生だけが目当てで応募したと思われると、面接官が感じる印象は悪くなってしまいます。

落ちやすい例
期間工の福利厚生が素晴らしいので応募しました。寮費や光熱費が無料で格安の食堂もあり生活しやすいのも魅力でした。もちろん給料が高いという面も志望動機の一つです。

志望動機のテンプレ集

期間工に応募する際の志望動機を書く時には、いかに面接官に好印象を与えながら自分の思いを素直に伝えることができるかどうかということを意識して書いきましょう。期間工として働く資質があるかどうか、やる気や意欲が十分に感じられるかどうかが重要となってきます。以下に、志望動機のテンプレを載せておきます。

志望動機例1
「私は、学生時代に柔道部に所属しており体力に自信があります。御社で働く際には、体を動かす仕事が多いのではないかと思っています。私が柔道部時代に培った体力を活かして、仕事に貢献できるのではないかと考えたので、応募させていただきました。」
志望動機例2
「私は、以前からものづくりに強い興味を持っておりました。ものづくりに携われないかと思いながら求職活動を行っていると、御社の募集を知りました。日本の産業界の中心に位置する自動車産業で働くチャンスがあると思い応募させていただきました。」
志望動機例3
「私は、小さな頃から自動車が好きで自動車関係の仕事に携わりたいという思いがありました。特に御社の自動車は様々な地域でよく見かけますし、個人的に最も好きなメーカーです。御社の一員として一生懸命がんばりたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。」

期間工を志望する人には、様々な志望動機があると思います。中には、単純に欲しいものを買いたいからであったり、借金を返済したいからであるかもしれません。しかし、実際に面接で伝えるべき志望動機では、相手の面接官に好印象を与えるものを考えていくことが重要となってきます。

自分の得意分野や経験、ものづくりや自動車業界への興味等を考え、自分なりにそれを広げていくことができれば、自然と面接官の印象が良くなる志望動機を書くことができるようになるでしょう。

期間工の面接で落ちる前に!合格率をアップさせる5つの法則

2018.08.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。