【スズキ期間工(相良工場)の体験談】1年で240万円の貯金が実現

ショウスケさん(男性/31歳)が期間工で稼いだ平均月収

28万円!

メーカー スズキ
勤務した工場 静岡県牧之原市相良工場
期間工として働いた期間 2016年5月〜2017年5月の1年間
ショウスケさんからのメッセージ

期間工はとても辛いのであまりオススメはしません。ただ体力がある人であれば問題なく続けられると思います。

私は体力がある方ではないので1年で辞めてしまいましたがお金が欲しくて体力がある人には向いている仕事かもしれません。

あとは人間関係などの悩みなどはあまり出てこないような職種なので人付き合いが苦手な人なども期間工に向いているかもしれません。

ひたすら単純作業を繰り返すのでそのような仕事が好きな人でしたらやってみてもいいかもしれません。

期間工の前はフリーターとして過ごす

期間工になる前はフリーターでずっとアルバイトをしていました。コンビニやピザ屋のバイトなどです。

暮らしぶりは実家に暮らしていてバイト代なども少しは家に入れていましたが、残りは自分の小遣いになっていたので自由気ままな生活でした。

とくにフリーターである事に劣等感や負け組という意識はありません。

学歴は小中高とずっと公立の学校で公立の高校卒業が最終学歴です。学科は商業科です。

その後地元の工場に就職しましたが過ぎに辞めてしまい、フリーターになりました。

親から期間工の話を聞いていた

期間工というのは地元が静岡なのでスズキの工場があるのは知っていましたし、親などからも期間工という職業は稼げるらしいと言われていたので知っていました。

とくにいつから知っていたというのはちょっと分からないですが、自然と期間工という言葉は知っていったような感じです

期間工をやろうとしたきっかけはアルバイト生活もそろそろ卒業しようと思い期間工なら稼げるし親も安心するのではないかと思い、期間工になる事を決めました。

地元のスズキの工場で働くことを決意

情報収集などは特に行なっていません。
地元なので知っていましたし親もスズキの工場の事は知っていたので特にこちらから何か情報を得ようとはしていません。

ネットで少しは調べましたが給与やシフトの時間などをチェックしただけです。

勤務地を選んだのは近くに工場がありましたし、他にも静岡には期間工の工場はありますが相良工場が一番家から近かったというのが理由です。

スズキにしたのも相良工場が近くて身近に感じていたからだと思います。

期間工.jp経由で応募。サポートがとても早かった

応募したのは期間工.jpで応募しました。
応募の方法は応募フォームを入力して送っただけで、電話で連絡などはしていません。

その後に返信がきて面接をするから来て欲しいと言われ指定された日に面接を行いました。
期間工.jpのサポートはとても早く対応してくれたと思います。
応募フォームを送ってから面接までが2週間ぐらいで行われたので、早いと思います。応募フォームも特に難しくなくかけましたしホームページも分かりやすかったです。

選考会は面接、身体検査、筆記試験で半日かかった

企業選考会は比較的簡単でした。
今までの学歴と職歴などを聞かれ、身体がちゃんと動くかの検査で屈伸運動や前屈などもする事件がありました。

筆記テストの内容も簡単な計算問題や言葉の穴埋め問題で特に問題はなかったです。

どちらかというと身体が丈夫かどうかを、詳しく聞いてきました。最後に目の検査をして面接は終了しました。

面接は半日ほどかかりその後は郵送で結果をお知らせするとのことでした。

試験自体は大した内容ではなかったですが時間は結構かかりました。

装飾品のネジを締める、トリム工程を担当

仕事内容は車の内装の最後のネジ締め工程です。インテリア部品などの車内の装飾品のネジを締める工程です。トリム工程と言っていました。

最初は先輩の動きをよく見て覚えるように言われて初日はほとんど見ているような状態でした。
とてもスピーディーに出来なくて最初はとても苦労しました。1ヶ月ほどは身体のあちこちが痛かったです。

3ヶ月ぐらい経つとだいぶ慣れてきて作業も楽しくなってきましたが、辛いのは変わりはありません。

勤務スケジュールは早番と遅番の2交代制で週替わりの交代制でした。
時間帯は朝は6時ごろから夕方15時くらいまでで遅番が夕方17時から夜中の1時ぐらいまでです。
残業も結構ありました。1時間ぐらいは普通にあります。

実家から自転車で工場に通っていた

住み込みでないので自宅について書きます。自宅は築20年ぐらいは経っています。立地は工場と同じ所の牧之原市内です。

通勤時間は自転車で15分ぐらいなのですごく近いです。その点はとてもありがたいと思いました。

寮は部屋自体が無機質な感じの印象があるので寮に住まわれている方は少し気の毒に思ってしまった事もあります。
なので1年間は続けられたのかなと思います。

寮での生活は私はとても耐えきれないだろうなと思いました。

人間関係に悩まなかったが、関係性は希薄

上司や先輩はとてもいい人でしたがそんなに親密に会話をした記憶がないので人間関係は薄い関係だと思います。
ただ私はそのような付き合いがあまり苦手なので飲み会や旅行などがないので良かったと思っています。

後輩や女性関係などは一切絡んでないです。
後輩も出来る前に私は辞めてしまったのでいませんでした。
女性も休憩中に見かけるぐらいで会話などはしませんでした。

ひたすらネジを締めているのでわずらわしい人間関係の悩みなどはなかったです

筋肉痛がつらく、休日はほとんど寝ていた

休日は昼ごろまで寝ていてその後は買い物に行ったりゲームセンターに行ったりしていました。
特に友達などもいなかったので1人気ままに遊んでいました。

スズキの工場に入ってからはとにかく身体が痛くて仕事を始めたての頃はずっと寝ていました。
夕方ぐらいになってやっと動き出していました。筋肉痛が痛かったので階段なんかも少し辛かったです。

身体が慣れるまでは休みの日は寝ていたかご飯を食べていたかで遊ぶ体力もなかったです。

筋肉痛と残業がとてもつらかった

入ったばかりの頃がとても辛かったです。
身体の節々と筋肉が痛くて仕事が終わったら自転車で帰るのですが自転車を漕ぐのもヨレヨレでした
最初の一週間はとても辛かったですね。

満足できなかった事は身体が辛すぎるという事です。
期間工は辛いというイメージがありましたがその通りでした。

後は残業が多いというのも不満でした。ほぼ毎日のように残業があるのでとても嫌でした。

後は会社内で雑談する相手がいなかったのも嫌でしたね。休憩中は少しは喋る相手が欲しかったです。

1年間で240万の貯金が実現

良かったと思うことは、給与が高いのでその点は働いて良かったと思いました。
貯金も1年間でとても貯まりましたし、だいたい月に20万は貯金をしていたので1年で240万は貯金できました。
実家にいたから貯金できたのもあるので親には感謝しています。

期間工はやはりお金が貯まります。
フリーターではこんなに貯金は出来なかったので、期間工になって良かったと思います。

後はネジを締める作業は自分には合っていたような感じです。
身体はとても辛かったですがノルマや人間関係の悩みなどがなかったのでその点も良かったと思います。

単純な作業ですがそれが自分には合っていたと思います。期間工は人間関係などが希薄なところが自分には良かった事になります。

身体がついていけず辞めていく人も

何人かいたと思いますがあまり喋ったりしなかったので理由はわかりませんが、おそらく身体がついていかなかったのだと思います。

辞めてしまった人は30代ぐらいの方で痩せていたような気がします。
なので体力がないと仕事も続かないと思います。

まして無機質な寮生活では精神的にも参ってくると思います。

その他の理由で考えられるのは、2交代が辛かったのかもしれません。
深夜に働いて次の週は朝早くからだと身体が壊れそうになります。

満了後は再びフリーター生活へ

今現在は再びフリーターに戻ってしまいました。
仕事はスーパーの食品売り場の品出しなどをやっています。

地元のスーパーでアルバイトの募集をしていたので受けに行ったら来て欲しいと言われたので今の仕事に落ち着いています。

期間工の時に比べれば給料は三分の一ほどになってしまいましたが全然こっちの方がいいです。

期間工はもうしたくありません。
肉体的にとても辛かったです。お金を稼ぎたい人はいいかもしれませんが私には合いませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です