期間工は地獄のようにきつい?元トヨタ期間工がつらい実態を解説!

仕事がきつく助けを求める期間工
元期間工
ケンタ
期間工の仕事は一般的にきつい仕事というイメージがあります。確かに最初の頃は、慣れない仕事をしたり生活環境が変化したりすることできついと感じてしまうようなこともあるでしょう。しかし、期間工として長く続けると、仕事に慣れることや対策を行っていくことで仕事で感じるきつさを軽減していくことができるようになってきます。

また、期間工の仕事をする上では、具体的にどんなことがきついのか気になっているという人もいると思います。この記事では、期間工の仕事を行っていく上で具体的にきついと思われる点とその対策について解説していきます。

期間工がきつい、地獄、大変といわれる理由

期間工はきつい仕事であるというイメージが一部であります。特にインターネット上のブログやSNS、2chのような匿名掲示板等では、期間工はきつくて地獄で大変、やばい、あるいはゴミであるというような極端な表現も目立ちます。

確かに、期間工は楽な仕事ではありませんし、きつい面があるということは否めません。しかし、過度な心配は無用だと思います。仕事に慣れていくに連れて、最初に感じたきつさも軽減されていきます。

また、期間工の仕事で具体的にどんな所がきついのかということを把握しておくと、対策をすることもできます。以下に期間工がきつい、地獄、大変といわれる理由をまとめてみました。

日勤・夜勤の2交代制がきつい

期間工の仕事は、基本的には日勤と夜勤を1週間毎に繰り返す2交代勤務になります。日勤の時は朝が早くなってしまいますし、夜勤の時は深夜まで仕事をすることになります。1週間毎に勤務時間が変わっていきますので、最初の頃は体調管理も難しく感じてしまうかもしれません。中には、生活リズムの時間帯が変わることで上手く睡眠を取ることが難しいと感じる人も出てきてしまいます。

2交代勤務に慣れていないうちは、きつい、つらすぎと感じてしまうこともあるでしょう。慣れるまでは、しっかりと休憩や仮眠を取ることが重要となってきます。

腰やひざへの負担がきつい

期間工の仕事は体を動かす仕事になります。配属される工程によっては、慣れない姿勢で作業に従事しなければならなくなる場合もあるでしょう。低くかがんだ体勢で作業をしたり狭い車内を出入りしたりする工程等、腰やひざに負担がかかってしまう工程もあります。

普段の生活では使わない筋肉や関節を使う場合もありますので、負担を感じてしまうこともあるでしょう。あまりに症状がひどい場合は、病院や診療所に診てもらって治療をすることも有効です。湿布や鎮痛剤で事前に対策していくことも検討しておきましょう。

延々と続く単純作業がきつい

期間工の仕事は主に、製造ラインでのライン作業となります。ライン作業では、一定の時間で終了する作業を繰り返していく仕事となります。慣れてしまうと延々と続く単純作業になりますので、仕事に面白味がなくなってきます。

また、決められた時間内に作業を終わらせなければなりませんので、常に時間に追われているような感覚になっていしまいます。このように延々と続く単純作業がきつい、つらすぎと感じてしまう人もいるでしょう。

夏の暑さがきつい

期間工として配属される工程によっては空調機等がなく、夏の暑さがきつく感じる場合があります。金属を溶かす工程に配属されたり、機械が密集している職場で働くことになると大変厳しい暑さとなってしまいます。

そのような職場に配属された場合、熱中症等の体調不良になってしまうおそれもありますので熱中症対策は必須となります。夏の間は、意識して水分や塩分等をこまめに補給していくことが重要となります。

寮での共同生活がきつい

遠方から赴任してきた人は寮で生活をするようになると思いますが、寮での共同生活がきついと感じる人もいます。寮に住んでいる人たちはすべて同じ職場で働いている人ですから気も使いますよね。共同生活ですから、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

期間工になる仲間は良い人達ばかりですが、中にはトラブルメーカーのような人もいますので気をつけておきましょう。共同生活という意識を持って周りの人に迷惑をかけないように生活を送っていけば大丈夫です。

期間工で特にきつい工程は「組立」

期間工で特にきつい工程は組立になります。かなり多くの期間工がこの組立に配属されることになります。組立は完成工程で、ライン作業に従事する仕事です。作業の密度が高く、タクトタイムの中では休んだり手を止めている時間はありません。常に時間と作業に追われているような感覚です。

作業内容によっては体に負荷がかかってしまう体勢での作業になる場合もあります。また、単純作業を繰り返すライン作業特有のきつさもあります。

ただし、作業に慣れてくると体が勝手に動くような感覚となり、少しづつ仕事がやりやすくなってきます。慣れないうちはきついかもしれませんが、そこを乗り越えると少しづつ楽になってくるのです。

期間工の仕事内容を総まとめ!体力的に楽な部署はここだ

2018.08.01

少しでも楽にするポイントを伝授!

期間工の仕事はきつい、大変な一面もあります。誰でも最初は仕事に慣れておらず、大なり小なりきつい、大変な思いを経験することになると思います。しかし、きちんとした対策を施していくことで仕事で感じるきつさを軽減することができるようになります。

本当にきつい、無理と思う時は職場の上司に相談したりすることも一つの手ですが、自分で少しでも楽にしていくポイントを以下に解説していきます。

休みの日はしっかり休息をとる

期間工は週休2日制です。休日はしっかりとありますので、仕事がきつい時やつらすぎな時は疲れが溜まってきている時にはしっかりと休みましょう。残業も比較的少なく、近くに寮がありシャトルバス等が運行しているような場合は通勤時間もかなり短くなります。そのため、仕事終わりの時間にも余裕がありますので、疲れている時は無理をせずしっかりと睡眠時間を確保していきましょう。

もちろん、休日や仕事終わりに遊びに行くことでストレスを解消したりすることも有効です。自分の体調をしっかりと管理していきながら、計画的に休日や仕事終わりの時間を過ごしていきましょう。

社員、期間工同士と積極的なコミュニケーションを

自分の職場にいる社員や期間工同士と積極的にコミュニケーションを取っていきましょう。期間工の仕事は、あまり周囲とのコミュニケーションを必要とする仕事ではありません。誰とも話さずに仕事ができてしまいます。しかし、そんな毎日を送っていると寂しいですし、あまり楽しくないですよね。

ライン作業等の単純作業では、精神的な疲れも溜まっていきます。周囲の人とコミュニケーションを取ることで気持ちが落ち着くようなこともあります。楽しい話や前向きな話をして場を盛り上げていきましょう。また、休日の過ごし方やきつさの対策について社員の人や先輩期間工から、経験に基づいて色々とアドバイスをもらえるようになるかもしれません。

周囲の人と積極的にコミュニケーションを取ることで気持ちが楽になるようなこともあります。

目標を設定して、仕事をする

目標を設定して仕事をすることも、きつさ対策には良いアプローチです。きつい、無理という感情は気持ちの面から生まれていることもあります。仕事に前向きに取り組んでいくことで、きつさも軽減していくこととなるでしょう。

前向きに仕事を続けていくためには明確な目標を立てて、そこに向かって努力するというアプローチが有効です。そのために、貯金をしっかりとしていきたいというような具体的な目標を立てて仕事に励んでいきましょう。

一生懸命真面目に仕事をしていれば、たくさん稼げるようになるのが期間工の魅力の一つです。目標を持って明るく仕事に取り組んでいきましょう。

期間工はきつい分だけメリットが大きい

給料袋と明細

期間工も仕事である以上、まったく楽というわけにはいきません。きつい面もそれなりにあります。しかし、そのきつさに応じたメリットもたくさんあるのです。給料が高く生活費を抑えることができるため貯金がしやすくなったり、大手有名企業の正社員登用を目指していくこともできます。

期間工はきつい面がフォーカスされることが多いですが、期間工として働くメリットもしっかりと見ておく必要があります。

給料が良く、お金が貯まりやすい

期間工は赴任した後、最初から高水準の給料をもらうことができます。期間工は給料が高いため貯金がしやすいです。基本給となる部分も高いのですが各種手当も充実しており、満了金や報奨金等が出ますのでかなりの金額を稼ぐことができるのです。2交代勤務や残業をすると、さらに手厚い報酬を得ることができるようになります。

期間工の仕事はきついかもしれませんが、それに応じた報酬もしっかりと得られる仕組みとなっています。

期間工の給料・年収を32工場で比較!一番稼げる期間工【3月最新版】

2019.03.11

生活費がほとんどかからない

期間工は寮生活をする場合が多く、寮費や光熱費が無料である場合も多いです。この場合、生活費の固定部分に当たる家賃や光熱費が一切かかりません。また、工場内や寮の食堂で食事をすることができますが、そのような食堂は格安で利用できますので食費も抑えることができます。自炊をすることでさらに生活費を抑えることもできるでしょう。

このように、期間工では生活費をかなり安く抑えることができるようになるのです。短期間で貯金をしていきたい人にはおすすめです。

正社員登用も狙える

期間工は正社員登用される場合もあります。正社員登用されますと、大手有名企業の正社員の一員ということになり、安定して高収入を得られるようになります。

自動車メーカーのような企業では、期間工の正社員登用に積極的に取り組んでいます。毎年、多くの期間工が正社員登用されて活躍しています。正社員登用されるためには、正社員登用試験によって行われる面接や筆記試験を受けて合格しなければなりません。

正社員登用試験を受けるためには、職場の上司の推薦等が必要になってきますので、正社員を目指す人は真面目に仕事に取り組み積極的に職場の上司や周囲の人にアピールしていきましょう。

長く続ければ、仕事は必ず慣れる

期間工の仕事はきつい面もありますが、仕事に慣れてくるときつさをあまり感じなくなります。休日もちゃんとありますので自己管理を徹底して、しっかり休んでいけば日頃の疲れを取ることが可能です。期間工の仕事できつい、大変とされていることに対しては、前もって自分から対策することもできるのです。

期間工の仕事はきつい、大変かもしれませんが、その分見返りも大きくなっています。高待遇で生活費が抑えられるので貯金をしやすかったり、大手有名企業の社員を目指すこともできるようになるのです。期間工として長く働き続けていくことができれば、かなり良い仕事と思えるようになってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。