会社在職中に期間工の面接に合格するためのコツ

合格した期間工
元期間工
ケンタ
期間工として働くことに興味がある人の中には、現在在職中で在職中の身でも期間工として採用されるかどうか気になっているという人もいるのではないでしょうか。退職後、できるだけすぐに働きたいと考えている人も多いと思います。

この記事では、期間工の面接では在職中の身でも採用されるのかどうかということや、採用されるためのコツについて解説していきます。

在職中でも面接に受かる

期間工では、在職中の人も面接に受かります。ただし、面接に受かるコツとして、在職中ではあるが退職予定があり確実に期間工として赴任できるということを説明をしていく必要があるでしょう。

面接官は希望者が在職中であると、採用した後にその人がきちんと退職し、赴任してくれるかどうかという不安材料を覚えるようなことがあります。

面接の際には、きちんと明確に在職している仕事を辞めることと、期間工として働く強い意志や意欲を表明して面接官に納得してもらいましょう。

退職予定日を伝えよう

退職願

期間工の面接を受ける在職者の人の中で退職予定日が決まっている人は、退職予定日をあらかじめ伝えておきましょう。メーカーへ直接期間工の応募をした場合は、決められた赴任日の中から退職予定日後に最も近い日程を選んでもらえることになります。

また、退職予定日をしっかりと伝えることで、面接官にも確実に赴任できると判断してもらえることにもなります。

派遣会社を利用して日程を調整しよう

期間工は、メーカーに直接応募した場合では、メーカーによって決められた赴任日からでしか働き始めることができません。しかし、派遣会社を経由することで、より柔軟な日程に調整をすることができるようになります。

派遣会社には専任のスタッフが常駐しており、期間工希望者の面接日や入社日の日程調整を行ってもらえます。もちろん、在職中に派遣会社に登録して担当者と相談していきながら、面接日や赴任日を決めることも可能となります。

在職中に期間工に応募したいという人には、派遣会社を利用して日程を調整していくことをおすすめします。

まずは派遣会社の登録から

派遣会社へ登録中

在職者の身で、期間工に興味のある人はまずは派遣会社の登録から始めてましょう。派遣会社の登録は、専用のフォームに必要事項を記載して送信するだけですので、とても簡単です。

すぐに担当者から連絡が来るようになるでしょう。派遣会社の担当スタッフは、真摯に現在の状況を聞いてくれて、日程調整や今後の動きについて提案してくれます。

退職日等が決まれば、すぐに対応をしてもらえることとなるでしょう。これらのサポートを無料で受けることができますので、まずは派遣会社への登録をしてみることをおすすめします。

 

期間工の面接では、在職中の身でも採用されるかどうかということについて解説していきました。メーカーへの直接応募の場合ですと、確実に退職して赴任することができるかどうかを説明していく必要があるということになってくるでしょう。

しかし、派遣会社を経由して応募する場合は、担当のスタッフと日程の調整を行うことができますので安心です。在職中に期間工に応募したいという人は、派遣会社を経由して応募することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です